株式会社シロ産業
株式会社カスタム
東京硝子器械株式会社

【2021年版】デジタル風速計 メーカー8社一覧

デジタル風速計のメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


デジタル風速計とは

デジタル風速計とは、その名のとおり、デジタル表示型の風速計です。
特徴は、簡単・手軽に風速を計測できて、軽量コンパクトで持ち運びに便利です。

近年のデジタル風速計は、風速だけでなく、温度も測れるものが主流です。
またデータのホールド、単位の切り替え、電池の残量表示、データの記録ができるなど機能が豊富です。
最大値、最小値や平均値を表示できるので、様々なシチュエーションで活用することができます。

簡単に風速を計測できて、使い勝手のよい計測器です。

デジタル風速計の使用用途

デジタル風速計の使用用途は様々です。
屋外イベント、スポーツから、建設現場、農業、漁業など、幅広い分野で使用されています。

近年ではドローンを飛行させる際に、デジタル風速計が重宝されています。
ドローンは飛行エリアの風速の影響を受けます。
デジタル風速計で、ドローンを飛行させる際の目安として、飛行エリアの風速計測に活用されています。

デジタル風速計は、コンパクトで容易に計測可能であるため、屋内外問わず利用されています。

デジタル風速計の原理

風速計には複数の種類が存在しますが、デジタル風速計の場合、熱線式と翼車(ベーン)式が主流です。
熱線式と翼車(ベーン)式の原理および特徴をそれぞれ紹介します。

  • 熱線式
    通電状態にあるセンサーが、風で冷却された際に電気抵抗の変化を計測し、風速を計測します。
    熱線式の素子には、白金線、サーミスタや半導体を用いたものがあります。この素子を使って、吹き付ける風速と、空気にわたす熱量の関係を利用して風速を計測します。
    熱線式は非常に精度が高く、微小な風速も計測可能です。熱線式は風速計のスタンダードとして広く採用されています。
  • 翼車(ベーン)式
    風車の原理を応用しており、翼の回転数を計測し、風速を計測します。
    精度は熱線式と比較するとやや劣るため、微小な風速測定には向きません。しかし、原理が簡単で構造がシンプルであるため、比較的容易に風速を測定できます。

このように原理および特徴が異なるため、目的や使用用途に応じて、使い分ける必要があります。

参考文献
http://www.kanomax.co.jp/technical/detail_0001.html
http://www.myzox.co.jp/data/products/article/958

デジタル風速計のメーカー情報

デジタル風速計のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社岩崎
  2. 2 日本カノマックス株式会社
  3. 3 株式会社マイゾックス

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社カスタム
  2. 2 株式会社シロ産業
  3. 3 株式会社大平産業

歴史のある会社

  1. 1 日本カノマックス株式会社
  2. 2 株式会社岩崎
  3. 3 株式会社カネコ

デジタル風速計のメーカー8社一覧


関連記事

カテゴリから探す