高砂電気工業株式会社
株式会社丸八ポンプ製作所
株式会社タクミナ
株式会社イワキ
株式会社アクアテック
株式会社A&M
東京硝子器械株式会社
入江株式会社
三洋テクノス株式会社
ユニテック株式会社

【2021年版】チュービングポンプ メーカー15社一覧

チュービングポンプのメーカー15社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


チュービングポンプとは

チュービングポンプは液体移送ポンプの一種です。チュービングポンプの構成は回転部、ローラー、チューブの3つです。モーターによりローラーが回転しチューブ内の液を押し出すことで圧送します。

日本ではチューブポンプだけでなく、原理上の関係からローラーポンプとも呼ばれたりします。海外ではペリスタルティックポンプ(Peristaltic Pump)やチュービングポンプ(Tubing Pump)と呼ばれたりします。

非常メリット多い良いポンプなのですが、チューブの扱いが難しいです。

チュービングポンプの使用用途

チュービングポンプのメリットは、連続の送液が可能であること、自吸能力があること、から運転を行っても壊れにくい事、チューブの使い捨てが行えること、定量送液が行えること等が挙げられます。

ポンプ自体は接液していないため特に食品関係や医薬関係での利用が盛んです。チューブを廃棄することで配管をリフレッシュすることができます。一方でチューブを押しつぶしながらの送液となりますので、内壁が削れてゴミが出てしまうケースもあります。

チュービングポンプの原理

チュービングポンプのケーシングの中には1本のチューブが入ってケーシングを通り出て行っている構造になっています。チューブの周りには複数個のローラーが配置されており、チューブを押しつぶす構造です。回転部が回転することによりローラーが回転し、併せてチューブを押しつぶすことで真空状態が発生します。その真空状態により液体が引き込まれます。吸引した液体はそのまま吐出側へ送られ、送液されます。この動作を繰り返すことで連続的に移送することができます。

原理上、空運転を行ってもチューブを押しつぶすのみですので、比較的壊れにくいです。ただしチューブの内壁が削れる恐れはあります。また圧力がかけられる時にチューブをローラー同士の間に閉じ込めることによって、ポンプに正の変位の作用をかけることができます。そのためポンプが稼働していない時にも逆流を防止することができます。つまりチューブ内に逆止弁を設けることが必要なくなるため、コストダウンが見込めます。

参考文献
https://www.surpassindustry.jp/%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%97%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E/
https://www.watson-marlow.com/jp-ja/support/how-do-peristaltic-pumps-work-industrial/ 

チュービングポンプのメーカー情報

チュービングポンプのメーカー15社一覧


チュービングポンプのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社アクアテック
  2. 2 ヤマト科学株式会社
  3. 3 株式会社イワキ

設立年の新しい会社

  1. 1 Watson-Marlow株式会社
  2. 2 三洋テクノス株式会社
  3. 3 株式会社アイカムス・ラボ

歴史のある会社

  1. 1 ヤマト科学株式会社
  2. 2 入江株式会社
  3. 3 株式会社丸八ポンプ製作所

関連記事

カテゴリから探す