株式会社池田理化
株式会社イワキ

【2021年版】サンプリングポンプ メーカー7社一覧

サンプリングポンプのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


サンプリングポンプとは

サンプリングポンプとは空気に含まれる特定の化合物濃度を計測するために、計測対象の空気を吸引、採集するポンプのことです。このような環境分析は幹線道路のような交通量が多い場所や工場の近傍などで大気汚染の有無を調査するときなどに実施されます。

計測対象の空気を採取して目的化合物の定量を行い、採取した空気の体積と化合物量から化合物濃度を求めることが可能になります。一般的にはこの濃度はppmなどの単位で表されます。

サンプリングポンプの使用用途

サンプリングポンプとは前述の通り、測定対象の環境中に含まれる有害物質を定量するための大気のサンプリングで用いられるポンプです。このような環境測定は交通量の多い道路や工場近傍における大気汚染の有無を調べるために行われたり、建物に含まれるアスベスト量の調査や可燃性ガスのガス検知などでも行われます。

これらの環境測定は所定の条件で行うことが定められていることもあり、それぞれ専用のサンプリングポンプが販売されていることもあります。また、排水や廃液などの液体を対象としたサンプリングポンプも販売されています。

サンプリングポンプの原理

サンプリングポンプを用いた大気中の化合物の捕集方法を説明します。

  • 液体捕集方法
    この方法は測定対象の空気を液体に通過させる、もしくは液体表面と接触させることで対象に含まれる化合物を溶解、または反応させる方法です。採取した後の液体を分析して化合物を定量します。
  • 固体捕集方法
    この方法では測定対象の空気を粒子が詰められた層に通過させます。これによって空気に含まれる目的化合物を粒子に吸着させることができます。採取した後の粒子に含まれる目的化合物量を分析します。
  • 直接捕集方法
    この手法は測定対象の空気を捕集袋や瓶で直接採取して気体に含まれる化合物を分析する方法です。これまでに紹介した2つの方法とは異なり、気体中の化合物を直接分析することができます。
  • ろ過捕集方法
    この方法は測定対象の空気を採取する際にフィルターなどを通すことで濾過材に目的化合物を吸着させます。そしてこの濾過材に含まれた化合物を定量します。

いずれの手法でも大気中の化合物濃度を求めるときはサンプリングポンプで収集した空気の体積を正確に求める必要があります。

参考文献
http://www.kanomax.co.jp/technical/detail_0033.html
https://www.ipros.jp/cg2/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%97/

サンプリングポンプのメーカー情報

サンプリングポンプのメーカー7社一覧


サンプリングポンプのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社荏原製作所
  2. 2 株式会社川本製作所
  3. 3 株式会社イワキ

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社アイデック
  2. 2 ジーエルサイエンス株式会社
  3. 3 株式会社イワキ

歴史のある会社

  1. 1 株式会社荏原製作所
  2. 2 株式会社川本製作所
  3. 3 柴田科学株式会社

関連記事

カテゴリから探す