信越化学工業株式会社

【2021年版】シリコンコーティング剤 メーカー7社一覧

シリコンコーティング剤のメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


シリコンコーティング剤とは

シリコンコーティング剤は主に、車両の外観塗装の上に塗られるコーティング剤のことです。

コーティング剤には、ガラス系とシリコン系の2種類が存在しています。
シリコン系のコーティング剤を使用するメリットとしては、比較的に誰でも簡単に車のコーティングが出来るということです。
カー用品店などで、スプレータイプのシリコンコーティング剤が1本300円程度で販売されていたりします。
しかもスプレータイプなのでそのままボディに吹き掛けて使用するので、とても簡単にコーティングを行うことが出来ます。

ガラス系のコーティング剤は、どちらかと言えばプロ向けのコーティング剤と言えるでしょう。
プロ向けなので、コーティングを行う際は多少の手間を必要としています。
しかし、そのコーティング後の仕上がりと撥水性などの耐性はシリコンコーティング剤よりも優秀です。
また、コーティング剤の耐久性もガラス系コーティング剤の方が上となっています。

シリコンコーティング剤の使用用途

外を走る車ですので、雨風や砂、ホコリなどさまざまな要因で車両本体にキズができてしまいます。
このキズが出来にくくなるように、車両全体をコーティングすることが、コーティング剤の目的と言えるでしょう。

コーティングを行う手順としましては、まず初めに車両の洗車をすることです。
表面が汚れたままでその上からコーティングをしてしまっては全く意味がありません。
そして、洗車後はよく水分をふき取ることも重要です。
シリコンコーティング剤は水分を弾いてしまいますので、上手くコーティングすることが出来ません。

シリコンコーティング剤の原理

コーティングを行うことによって、細かいキズや汚れを防ぐことも出来ますし、
また雨の後など、車両を濡らした状態でそのまま放置してしまうと残った水分が車両表面で跡になってしまうこともあります。

この水滴の跡は、出来てしまうとなかなか落とすとこは出来ません。
しかし、シリコンコーティングがしてある車両であれば水分を弾くことが出来るので
雨降りの後でも、水分が残るということはありません。

そして、コーティングをすることによって車両全体にツヤを出すことが出来るので
きちんとメンテナンスを行えば車をキレイに維持することがとても簡単になります。

参考文献

https://autoc-one.jp/knowhow/5000900/0002.html

https://www.carwash.jp/item/article/fake-glass/

https://coating.th-angel.com/2013/09/blog-post_4269.html

https://www.java-style.com/pickup/2637/

シリコンコーティング剤のメーカー情報

シリコンコーティング剤のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 信越化学工業株式会社
  2. 2 日本フッソ工業株式会社
  3. 3 株式会社トクシキ

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社THエンゼル
  2. 2 アクアロード有限会社
  3. 3 有限会社精密化成工業研究所

歴史のある会社

  1. 1 信越化学工業株式会社
  2. 2 株式会社トクシキ
  3. 3 日本フッソ工業株式会社

シリコンコーティング剤のメーカー7社一覧


関連記事

カテゴリから探す