日本精密測器株式会社
メジャーワークス株式会社

【2021年版】ガイガーカウンタ メーカー5社一覧

ガイガーカウンタのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ガイガーカウンターとは

ガイガーカウンタ

ガイガーカウンターとは、β、γ波等が検出できる、シンプルな構造の放射線測定器です。ガイガーとミュラーが作ったので、ガイガー=ミュラー計数管、GM計数管、とも呼ばれています。サーベイメーターの一種であり、GM管と呼ばれる金属製の、ガスが封入された筒を持つものが、ガイガーカウンターと呼ばれています。比較的低価格で入手できる放射線測定器であるため、個人でも所有することができますが、電子力発電施設や警察・病院などの公共施設などで利用されています。

ガイガーカウンターの使用用途

ガイガーカウンターは、空間や物質の放射線量の測定に使われています。放射線は、医療や工業分野だけではなく、農業分野でも使用されています。簡易的な測定ができるため、食品表面の汚染チェックや、土壌・水・空間線量など多岐にわたるサンプルの測定が可能です。ガイガーカウンターはとても簡便な装置ですが、放射線測定において万能ではありませんので注意が必要です。測定したい対象をよく理解し、正しく測定することが必要です。

ガイガーカウンターの原理

ガイガーカウンターは、マイクロシーベルト毎時(μSv/h)という単位が用いられています。これは、ある場所に1時間いた場合に、受ける放射線量を表します。そもそも放射線とは、放射性物質が崩壊する際に生じる電磁波や粒子線を指します。一部の放射線は、人体を貫くことができます。特に透過力が高いγ線の個数が多く、そのエネルギーが高いと人体に影響を及ぼします。この影響を表す単位がシーベルト(Sv)です。シーベルトは、人体に吸収されたγ線の個数×エネルギーと定義されています。ガイガーカウンターは機器の内部に存在する放射線の個数のみを測定します。そして、この単位時間あたりのカウント数(cpm:カウントパーミニッツ)を掛け合わせて、マイクロシーベルト毎時を算出しています。GM管と呼ばれる円筒状の電極の中に、アルゴン・ヘリウム等の不活性ガスが封入されており、この中を放射線が通過した際に発生する放電(パルス)を検知することで放射線量が測れるのです。

参考文献
https://www.irm.or.jp/answer.html
https://imidas.jp/jijikaitai/K-40-075-12-05-G435
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFK02015_S1A500C1000000/
https://core.ac.uk/download/pdf/145753684.pdf
https://www.rs.kagu.tus.ac.jp/~phlabex/LabExercise/radiation/index1.html 

ガイガーカウンタのメーカー情報

ガイガーカウンタのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 日本精密測器株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 メジャーワークス株式会社
  2. 2 KDD株式会社
  3. 3 森松産業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 日本精密測器株式会社
  2. 2 森松産業株式会社
  3. 3 KDD株式会社

ガイガーカウンタのメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す