メジャーワークス株式会社

【2021年版】ガイガーカウンタ4選 / メーカー4社一覧

ガイガーカウンタのメーカー4社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。

目次

ガイガーカウンタのメーカー4社一覧

*一部商社などの取扱い企業なども含みます。

ガイガーカウンタのメーカーランキング

社員数の規模

設立年の新しい会社

  1. 1 メジャーワークス株式会社
  2. 2 KDD株式会社
  3. 3 森松産業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 森松産業株式会社
  2. 2 KDD株式会社
  3. 3 メジャーワークス株式会社

ガイガーカウンタ4選

森松産業株式会社
ガイガーカウンタ

特徴

miniTRACE CSDFは、フランスのSAPHYMOが製造し、日本国内で森松産業株式会社が販売しているガイガーカウンタです。

α線、β線、γ線を検出することができ、線量率・面積当たり線量・体積当たり線量を評価することが可能であり、線量が限界値を超えた場合にアラームを発する機能が搭載されています。

Bq、Sv、cpsの3種の単位を用いて線量を表示することが可能です。

重量は約323gであり、アルカリ電池を用いた場合2000時間使用することが可能です。

森松産業株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 神奈川県横浜市鶴見区弁天町14番地
  • 会社サイト
  • 創業: 1957年

製品を見る

株式会社メジャーテックツルミ
RKS-01 STORA-TU New Version 放射線測定器(ガイガーカウンター)

特徴

RKS-01 STORA-TU New Version 放射線測定器は、ウクライナのSparing-Vist Center社が製造し、日本国内で株式会社メジャーテックツルミが販売しているガイガーカウンタです。

4個のGM検出管を内蔵し、X線・γ線の放射線量率と表面β粒子束密度を高い精度で測定することが可能であり、線量が限界値を超えた際にアラームを発する機能が搭載されています。

内蔵メモリーに1200回分の測定データを保存することが可能であり、パソコンにBluetoothで接続してデータを送信することも可能です。

株式会社メジャーテックツルミの会社概要

製品を見る

メジャーワークス株式会社
ガイガーカウンター インスペクターアラート V2(Inspector Alert V2)

特徴

ガイガーカウンター Inspector Alert V2は、米国のInternational Medcom社が製造し、日本国内でメジャーワークス株式会社が校正・販売しているガイガーカウンタです。

α線、β線、γ線を検出することができ、線量率、カウント値、累積カウント値の3種を切り替え表示することが可能です。

直径45mmの大口のGM管検出器が搭載されており、測定誤差が抑えられており、350cpm/μSv/hの感度を持ちます。

重量は約323gであり、アルカリ電池を用いた場合2000時間使用することが可能です。

メジャーワークス株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都新宿区山吹町339番地グランディルエスエイ1F
  • 会社サイト
  • 創業: 2006年

製品を見る

KDD株式会社
ガイガーカウンタ

特徴

POKET SURVEY METERは、KDD株式会社の製造するガイガーカウンタです。

線量率0.01μSv/h~1MSv/h・累積線量0.1μSv~1MSvの範囲のX線とγ線を検出でき、線量率と累積線量を切り替え表示することが可能です。

線量率又は累積線量が限界値を超えた際にアラームを発する機能が搭載されています。

小型であり本体重量は110gであり、単3電池日本で駆動し、インジケーターライトの消灯により電池残量の低下を示す機能が搭載されています。

KDD株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す

Copyright © 2021 Metoree