株式会社アサヒ電子研究所
日本ケミコン株式会社
シリコンデバイス株式会社
エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
ウェルドビジョン合同会社

【2021年版】CMOSカメラモジュール5選 / メーカー7社一覧

CMOSカメラモジュールのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


CMOSカメラモジュールとは

CMOSカメラモジュールとは、CMOSイメージセンサを搭載したものです。CMOSカメラモジュールは、画像の認識やアプリケーションの検知を行います。

信号処理技術など技術が進歩しており、色彩豊かな色の再現や消費電力の低減が可能となっています。また、モジュールが小型化されており、様々な用途に応じてカスタマイズが可能です。

近年ではAIや5G技術が盛んであることから、CMOSカメラモジュールの市場規模は年々増加傾向にあります。

CMOSカメラモジュールの使用用途

CMOSカメラモジュールは小型で、様々な用途に応じてカスタマイズが可能です。主に車載用、パソコン・スマートフォン用、工場・住宅用と様々な用途があります。

製品としては、自動車車載の各種カメラ、事故記録装置、インターホン、監視カメラ、バーコードスキャナーや各種検知装置に用いられおり、画像入力装置に最適なデバイスです。また、パソコンカメラやウエアラブルカメラに適用されており、在宅ワークや遠隔でのweb会議を可能としています。

CMOSカメラモジュールの原理

CMOSカメラモジュールは、光学系、撮影センサ、信号処理系の部品で構成されています。部品は主に、レンズ、CMOSイメージセンサ、レンズ、基板になります。使用されている材料は、シリコン、ガラス、金属と様々な材料が用いられています。

CMOSカメラモジュールではレンズから入行してきた光を電気信号に変換し、画像を取得します。大きく分けると、光電変換からデジタル化処理までを行うセンサの部位と、画像処理を行い人の目に映える画像を作り出す信号処理の部位に分かれます。

まず、レンズを通して集約された光がCMOSイメージセンサや集積回路によって、電気信号に変換されます。そして、内部の画像プロセッサによってデジタル画像信号に変換されます。このデジタル信号は、DSPと呼ばれるプロセッサで画像処理を行われ、画像データとして出力されます。

レンズ、CMOSセンサ、DSPはカメラの品質を決める非常に重要なコンポーネントです。

参考文献
https://www.chemi-con.co.jp/e/catalog/pdf/em-e/em-camera-e-2019.pdf
https://www.aelnet.co.jp/cmos-top/cmos-camera/

CMOSカメラモジュールのメーカー情報

CMOSカメラモジュールのメーカー7社一覧


CMOSカメラモジュールのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 日本ケミコン株式会社
  2. 2 エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社
  3. 3 株式会社アルファプロジェクト

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社スイッチサイエンス
  2. 2 ウェルドビジョン合同会社
  3. 3 エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社

歴史のある会社

  1. 1 日本ケミコン株式会社
  2. 2 株式会社アサヒ電子研究所
  3. 3 株式会社アルファプロジェクト

CMOSカメラモジュール5選

VS-CAM-01

株式会社アルファプロジェクト VS-CAM-01 画像出典: 株式会社アルファプロジェクト公式サイト

特徴

VS-CAM-01はVGA 画素による撮像撮影用COMSセンサ搭載のカメラモジュールです。

COMSセンサは1/4-inch光学フォーマット(画素数:480(H)×640(V))、出力フォーマットはYUV422に対応しているため、複雑な設定を必要とすることなく、使用デバイスにカメラ機能を装備することができます。

基板サイズは30mm×30mm(コネクタ、突起部を除く)、付属品のFFCケーブルで外部デバイスと接続します。

VS-CAM-01は、画像監視機器や画像処理機器などの様々な使用用途に最適化して利用することができます。

株式会社アルファプロジェクトの会社概要

製品を見る

PPV405S

株式会社アサヒ電子研究所 PPV405S 画像出典: 株式会社アサヒ電子研究所公式サイト

特徴

PPV405Sはオートホワイトバランス、自動露出&ゲインコントロールの自動出力制御システムを搭載しているため、低照度の撮影環境に強いVGA 画素による撮像撮影用COMSセンサ搭載のカメラモジュールです。

PPV405Sは、被写体距離が約16mm固定の近接撮影が可能なマイクロレンズを搭載している特徴があり、医療カメラや肌表面の近接撮影、文字の読み取り撮像などの幅広い利用環境に最適化可能です。

外形寸法8.0mm×8.0mm×13.25mmの超コンパクト設計を実現した近接マイクロレンズ付きCMOSカメラモジュールです。

株式会社アサヒ電子研究所の会社概要

製品を見る

NCM03-V

日本ケミコン株式会社

特徴

NCM03-V は VGA 画素による撮像撮影用COMSセンサ搭載のカメラモジュールです。

COMSセンサは1/4-inch光学フォーマット(画素数:480(H)×640(V))、フレーム周期は最大で30fpsに対応した原色カラーフィルタの信号処理内蔵タイプによって、デバイスの小型化を実現しています。

信号出力は、YUV422、RGB565(8bit)のデジタル出力に対応し、自動露光コントロールとオートホワイトバランの制御システムを搭載しています。

NCM03-Vは、PCカメラ、ネットワークカメラなどのデバイスでの使用が最適です。

日本ケミコン株式会社の会社概要

製品を見る

EO-0413M

エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社

特徴

USB2.0 COMSカメラ E0-0413は、プログレッシブスキャンCOMSセンサ搭載の超小型ハウジングカメラモジュールです。

プログレッシブスキャンとは、撮影画角内にある物体(被写体)が動く状況かの撮影においても、動く被写体にインターレースノイズが発生しない映像記録技術です。

これにより、物体の輪郭がブレない滑らかな映像を撮影・再生することができます。

さらに、映像自動制御による左右反転やビニングによって生じる画素ムラを自動補正する機能も装備されているため、防犯カメラなどの動きがある映像の記録に最適です。

COMSセンサは1/3-inch光学フォーマット(画素数:752(H)×480(V))、フレーム周期は最大で87fpsに対応、インターフェイスはCマウント、出力はUSB2.0です。

エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都文京区本駒込2-29-24パシフィックスクエア千石4F
  • URL: https://www.edmundoptics.jp/
  • 創業: 1995年
  • 従業員数: 120人

製品を見る

MD-5014シリーズ

ウェルドビジョン合同会社 MD-5014シリーズ 画像出典: ウェルドビジョン合同会社公式サイト

特徴

MD-5014シリーズの超小型CMOSカメラは、有効サイズ14mmの小型5メガピクセルCMOSカメラモジュールです。

CMOSセンサは、1/4-inch QSXGA (最大画素数:2592(H)×1944(V))、フレーム周期は最大で30fpsに対応しています(画素数によって10fps~30fpsに対応)。

マニュアルフォーカスタイプのMD-5014B-MFは、焦点距離3.0mm/F2, 焦点距離3.6mm/F6の撮影モード、オートフォーカスタイプのMD-5014B-AFは焦点距離3.87mm/F2.8の撮影モードを搭載しており、出力は2.0USBに対応しています(キャプチャソフトが利用可能)。

MD-5014シリーズは、PCカメラやPCカメラ、ネットワークカメラなどのデバイスでの使用が最適です。

ウェルドビジョン合同会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す