浜松ホトニクス株式会社
株式会社杉藤
株式会社モスウェル
株式会社シキノハイテック
株式会社アルゴ
株式会社アバールデータ
ワテック株式会社
ダイトロン株式会社
ソニー株式会社
FLIR(R) Systems, Inc.
Basler AG

【2021年版】ボードカメラ メーカー18社一覧

ボードカメラのメーカー18社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ボードカメラとは

ボードカメラは、基盤に取り付けることを目的としたカメラになります。一般的には接続用の基盤上にレンズがついているカメラがあることが多くなります。多くの製品では、カメラにCOMSイメージセンサが使用されていますが、CCDカメラが使用されている製品もあります。多くの製品が一辺20mm程度のものから100mm以上の製品もあります。使用されているセンサの画素数に応じて、取得される画像や映像の鮮明さが異なります。

ボードカメラの使用用途

ボードカメラは、カメラによって情報処理や監視をする装置に多く使用されます。使用例としては、PCやタブレットのカメラ、ドライブレコーダーのカメラ、実験装置の付属のカメラなどになります。製品によって、接続端子の種類や、送信される映像情報の規格の種類、対応している光の波長の種類が異なっており、それらを考慮して適切に選定する必要があります。また、サイズや動作時に使用する電力量、画素数なども考慮に入れる必要があります。

ボードカメラの原理

ボードカメラの動作原理を一般的に多く用いられているCMOSイメージセンサを使用した製品をもとに説明します。ボードカメラはCOMSイメージセンサ、接続端子、センサから得られた画像処理装置や端子からの出力の規格に変換する処理装置などで構成されており、製品によっては、集光のためのレンズがついているものもあります。動作時は、レンズによって集光された光が、COMSイメージセンサに照射され、その際、色の強度によって電気信号が出力されます。その電気信号をノイズを除去し、それらをUSBなどの出力の規格に合う様に変換され、接続端子から出力されます。その出力のデータをもとにボードカメラが接続されている基板の他の装置が動作します。

COMSイメージセンサは、赤、緑、黄の色の強度に応じて、画素数の数だけ電気信号を出力します。その出力をノイズや急激な勾配の変化などを緩和し、出力されます。そのため、画像の正確さは、画素数と処理のアルゴリズムによって決まります。

参考文献
https://www.baslerweb.com/jp/products/cameras/area-scan-cameras/dart/?creative=336873318174&keyword=%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89%20%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9&matchtype=e&network=g&device=c&gclid=CjwKCAiAt9z-BRBCEiwA_bWv-AORyzM8DRglqV1-aeBK03ZykbjRm9G6wouyBQARaAXJpMexWl4RqRoCWNEQAvD_BwE
https://www.hamamatsu.com/jp/ja/product/cameras/board-level-cmos-cameras/index.html

ボードカメラのメーカー情報

ボードカメラのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ソニー株式会社
  2. 2 浜松ホトニクス株式会社
  3. 3 FLIR(R) Systems, Inc.

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社日昇テクノロジー
  2. 2 株式会社モスウェル
  3. 3 株式会社リンクス

歴史のある会社

  1. 1 株式会社杉藤
  2. 2 ソニー株式会社
  3. 3 ユニバース光学工業株式会社

ボードカメラのメーカー18社一覧


関連記事

カテゴリから探す