産業用製品比較のメトリー
メトリー
高千穂交易株式会社
Axis Communications AB.

【2020年版】サーマルカメラ メーカー13社一覧

サーマルカメラのメーカー13社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


サーマルカメラとは

サーマルカメラとは、物の表面温度を表示するカメラのことです。人間の目や通常のカメラで撮影したときの見え方とは異なり、温度の高い場所は赤く表示され、低いところは青く表示されます。そのため見た目だけで判断できない表面温度を知ることができますし、温度を測定したくても対象物に触れることが難しい場面ではとても役に立ちます。

ハンディタイプの製品が多いですが、据え置き型の製品もあるため、恒常的な測定が必要な場所では据え置き型の製品が使われることも多いです。

サーマルカメラの使用用途

サーマルカメラは様々な場面で使用されます。例えば以下のような用途が挙げられます。

  • 人の体温測定
  • 工場および電気施設等の機械監視
  • 海上監視

人の体温を簡易かつ迅速に把握することができますし、非接触で測定ができるため、測定者側の危険や測定対象の破壊も避けられます。

ただ、サーマルカメラの使用目的が必ずしも温度測定であるとは限りません。目視では確認できないものを感知するために使われたりもします。

海上監視等の場面では、夜間や雨などで視界が悪くてもその状況を把握しなければならないため、サーマルカメラが使用されることがあります。

サーマルカメラの原理

サーマルカメラでは赤外線を検知し、その強弱を判断して対象物の温度を測定・表示しています。

絶対零度以上の物体はすべて赤外線を発していること、そしてそのエネルギーは絶対温度の大きさに応じた値になることが分かっているため、赤外線から温度を測ることができるのです。

対象物から発せられた赤外線をサーマルカメラ内部の検知器で受け取りスキャンした後、A/D変換、温度変換し画像処理されることで、人の目で見ても分かりやすいように赤や青などの色で温度が表示されるようになっています。

人の視界は可視光の状態に依存するため、天候や時間帯により見え方が左右されてしまいますが、サーマルカメラではこのような仕組みで画像表示しているため視界が悪くても問題なく状況を把握することができるのです。

また、熱電対や一般家庭でよく使用されている体温計などは熱伝導を利用した接触式です。これに対しサーマルカメラは熱放射を利用していることで、直接対象物に触れることなく非接触で測定できるようになっているのです。

参考文献
https://www.try-e.co.jp/knowledge/thermography.html
https://www.flir.jp/discover/what-is-infrared/

サーマルカメラのメーカー情報

サーマルカメラのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 高千穂交易株式会社
  2. 2 キャンシステム株式会社
  3. 3 株式会社店舗プランニング

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社トライアンドイー
  2. 2 株式会社NSS
  3. 3 ユニモテクノロジー株式会社

歴史のある会社

  1. 1 高千穂交易株式会社
  2. 2 キャンシステム株式会社
  3. 3 ソリッド株式会社

サーマルカメラのメーカー13社一覧


関連記事

カテゴリから探す