産業用製品比較のメトリー
メトリー
日本電産コパル電子株式会社
シンデン株式会社
オムロン株式会社
NKKスイッチズ株式会社

【2020年版】ロッカースイッチ メーカー5社一覧

ロッカースイッチのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ロッカースイッチとは

ロッカースイッチは、手動でスイッチングを行う装置の一種で、ボタンの部分がシーソーの様に動くことでオンオフの切り替えができる製品です。家庭内にある照明のスイッチや装置の電源ボタンで「〇」と「-」が両端についているようなスイッチのことで、幅広く様々な装置や施設内で使用されています。動作時に、「カチッ」と音がすることや、明確にオンとオフを見分けられることによって、誤操作を少なくできることが特徴です。

ロッカースイッチの使用用途

ロッカースイッチは、手動で操作するスイッチとして、幅広く利用されています。選定の際には、対応している電流や電圧、スイッチ自体の抵抗値、サイズ、温度や使用環境に応じた耐久性を考慮する必要があります。

ロッカースイッチの使用用途を以下に示します。

  • 家庭内や事務所などの照明のスイッチ
  • デスクトップパソコンの電源スイッチ
  • 複合機やプリンタ、モニターなどのオフィス機器の電源スイッチ
  • 実験装置や計測器の電源スイッチ

ロッカースイッチの原理

ロードスイッチの動作原理を説明します。ロードスイッチは、シーソーの様に動く操作ボタン、シールゴム、ばね、固定接点、可動接点、2つの接続端子で構成されています。操作ボタンはばねと接合されており、操作ボタンとばねの間にシールゴムがあり、シールゴムによって接点部分に水や塵などの動作に影響のある物質が入らない様に保護しています。また、操作ボタンには、「〇」や「-」などの電源のオンとオフが目視で確認できる様にマークや色付けがされている製品が多いです。ばねは弓状のばねになっており、片側が操作ボタンと、片側が可動接点と接続されています。

スイッチオンの時は、弓状のばねの可動接点側が固定接点に押し付ける様に動き、電流が流れるようになります。弓状のばねによって、接点同士が押し付け合う様になるため、スイッチオン時に接点が離れることがない構造となっています。スイッチオフの時は、弓状のばねによって、可動接点が固定接点から引き剥がされる様に動き、電流の流れを止めます。可動接点が引き剝がされる様に動作するため、接点同士が溶着することを防ぎます。

参考文献
https://www.omron.co.jp/ecb/product-info/basic-knowledge-series/basic-knowledge-of-switches/part-2-omron-s-switch/rocker-switch
https://www.nidec-copal-electronics.com/j/featuring/switch/picturebook/

ロッカースイッチのメーカー情報

ロッカースイッチのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 オムロン株式会社
  2. 2 日本電産コパル電子株式会社
  3. 3 NKKスイッチズ株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 シンデン株式会社
  2. 2 日本電産コパル電子株式会社
  3. 3 NKKスイッチズ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 オムロン株式会社
  2. 2 ミヤマ電器株式会社
  3. 3 NKKスイッチズ株式会社

ロッカースイッチのメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す