株式会社協和

【2021年版】カバールーフ メーカー10社一覧

カバールーフのメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


カバールーフとは

カバールーフとは、屋根のリフォーム工法の一つのことです。

そもそも、屋根のリフォームは、屋根材の種類によって方法が大きく異なり、大きく分類すると、古い屋根に関するものをすべて除去して、全く新しく施工するリニューアル工法と、古い屋根を剥がさずに残して、その上から新しく屋根を張り付けるカバールーフ工法に分けることができます。

この、カバールーフ工法は、リニューアル工法と異なり、元々あった屋根を除去して廃棄しなくてもよいの、リフォームにかかるコストを抑えることができます。

また、アスベストに関する心配も、一切する必要がないのも大きなメリットです。

カバールーフの使用用途

カバールーフ工法は、屋根のリフォーム工法のことですので、建物の屋根をリフォームする際に用いられます。

対象となる建物は、一般住宅はもちろんのこと、工場や店舗などの建物の屋根のリフォームにも適用可能です。

いずれも既存の屋根に、新規の屋根を被せる形で、リフォームを行います。

住宅の場合、新規屋根材に、断熱材や防音材が裏貼りしてある形式も選択可能で、また湿気対策として、棟換気を追加する等の機能リフォームも可能です。

カバールーフの原理

カバールーフ工法の一例として、古くなったスレート屋根の上部に、軽量の金属板であるガルバリウム鋼板製の屋根材を被せるものがあります。

この工法ですと、スレート屋根の完全葺き替えを行うリニューアル工法に比較して、古いスレートの解体工事や廃棄処理が不要になります。

そのため、施工にかかるコストがその分抑えることが可能で、施工工事もリニューアル比較して簡単になるため、短期間の工期でリフォームを終えることができます。

店舗や工場の場合でも、施設を稼働したままカバールーフ工法の工事を行うことができます。

また、既存屋根と新規屋根との間に、新たにできる空気の層が、施設内に断熱効果をもたらしますため、夏季の施設内の体感温度を下げることも、逆に冬季の施設内の体感温度を上げることも可能になります。

更に、最新のカバールーフ工法では、高強度、長寿命の構造を誇るものもあります。

参考文献
http://www.yamatoslate.co.jp/coverroof/
https://www.roof-meister.com/works/001.html
https://www.m-kensou.com/column/%E3%81%8A%E5%AE%B6%E3%82%92%E5%AE%88%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E8%A6%9A%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%A8/%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%95%E5%B7%A5%E6%B3%95%E3%82%92%E3%81%94%E5%AD%98%E7%9F%A5%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B%EF%BC%9F/

カバールーフのメーカー情報

カバールーフのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 初穂商事株式会社
  2. 2 月星商事株式会社
  3. 3 稲垣商事株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社小池弥太郎商店
  2. 2 株式会社ミツイバウ・マテリアル
  3. 3 斎田株式会社

歴史のある会社

  1. 1 稲垣商事株式会社
  2. 2 月星商事株式会社
  3. 3 株式会社カネブン

カバールーフのメーカー10社一覧


関連記事

カテゴリから探す