【2021年版】セラミックコーティング剤 メーカー3社一覧

セラミックコーティング剤のメーカー3社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


セラミックコーティング剤とは

セラミックコーティング剤(英語:Ceramic coating agent)とは有機材料を全く含まずにファインセラミックスを原材料としたコーティング材料のことです。

一般的には、クルマやトラックの車体や灯火機材保護のために表面処理として施工されるケースが多いです。

また耐熱温度が高いため調理機器、その他高温設備用治具などの表面処理剤として使用されることもあります。

昨今の環境ニーズの高まりに伴い、環境にやさしいコーティング剤として注目されています。

セラミックコーティング剤の使用用途

セラミックコーティング剤はクルマやトラックの車体や灯火機材保護のために表面処理として施工されるケース或いは、調理機器やその他高温設備用治具などの表面処理剤(コーティング剤)として使用されます。

セラミックコーティングは滑り性、非粘着性、耐摩耗性という3つの性能を高い次元で成立させていることが特徴です。

前述した機能を活かす形で調理機器やその他高温設備用治具などの表面処理剤として活用されるケースが増えてきています。

  • 家庭用オーブンの焼き台プレートの表面処理
  • 菓子型で焼いた際にくっつかないようにするための表面処理
  • たこ焼き型:熱伝導性向上による焼き時間短縮

セラミックコーティング剤の原理

ここではセラミックコーティング剤の原理について説明します。

セラミックコーティング剤は、有機材料を全く含まずにファインセラミックスを原材料とする形で成り立っています。

セラミックコーティングは滑り性、非粘着性、耐摩耗性という3つの性能を高い次元で成立させていることが特徴で、耐熱温度も450℃と高くフッ素樹脂コーティングでは持たない環境下においても使用できます。

前述した耐熱性特性の強みを活かす形で調理機器やその他高温設備用治具などの表面処理剤として活用されるケースが多いです。

尚、規格上、食品衛生法には適合しています。

また再コーティングが可能であるため、クルマやトラックの車体や灯火機材保護のために表面処理として施工した上で定期的にそれをメンテナンスするという用途も存在します。

メリットとデメリットは以下となります。

メリット:最高被膜硬度が理論上、9Hであるため、非常に高い耐スクラッチ性能を持っています。

デメリット:耐摩耗性が高く耐用年数も高いものの、施工時のコストが高額になってしまいます。

参考文献
https://car-beauty-navi.com/coating-type
https://www.nipponcoating.co.jp/?utm_source=Google&utm_medium=cpc&utm_campaign=pr

セラミックコーティング剤のメーカー情報

セラミックコーティング剤のメーカー3社一覧


セラミックコーティング剤のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 日研株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 トリム株式会社
  2. 2 日研株式会社

歴史のある会社

  1. 1 日研株式会社
  2. 2 トリム株式会社

関連記事

カテゴリから探す