興和化成株式会社
森宮電機株式会社
株式会社カメダデンキ
日機株式会社
住友電装株式会社

【2021年版】コルゲートチューブ メーカー10社一覧

コルゲートチューブのメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


コルゲートチューブとは

コルゲートチューブ

コルゲートチューブは、電線の保護や配線を整理する目的で使用されているチューブです。コルゲートチューブの中に電線を入れやすいようにスリットが入っているので、簡単に出し入れすることができます。

コルゲートチューブは蛇腹形状の製品が多く、柔軟性があります。また、丈夫で圧力がかかってもつぶれにくい特徴があります。材質によりますが、屋内用だけでなく屋外でも使用できます。

色はほとんどが黒ですが電気自動車用にオレンジや、白色透明の製品があります。

コルゲートチューブの使用用途

コルゲートチューブは配線の摩耗を防ぎ、保護する用途に使用されています。比較的丈夫で柔軟性のある樹脂が使用されているので、強い衝撃や摩耗、熱などから配線を守ることができます。工場や工事現場、自動車などはもちろん、オフィスや家庭でのコンピュータ、OA機器の配線の保護や整理に利用されています。

また、難燃性や耐熱性が優れているチューブなど、用途に応じた種類があります。

長さはカッターなどで簡単に調節することができます。

コルゲートチューブの原理

コルゲートチューブは、内部に電線が入るようにスリットが入っています。コルゲートチューブで電線をカバーすることで、屋内外にわたって電線やケーブルを保護し、日光や熱で劣化するのを防いでいます。コルゲートチューブに入れる電線の本数等を考慮してチューブの内径を選択します。

コルゲートチューブの材質には、ポリプロピレンやポリエチレン、ナイロンが多く使用されています。

ポリプロピレンでは耐熱性はそれほど強くはありません。-30℃~110℃程度まで使用できます。耐候性が優れているので、屋外でも使用されています。難燃性で、自己消火性のある素材です。

ポリエチレンでは-10℃~50℃程度です。また、屋外での使用には向きません。白色透明タイプは、中が透けて見えるので、医療用途などに適しています。

ナイロンでは-40℃~110℃程度まで使用できます。耐熱性が優れている製品が多いです。

柔らかいケーブルはネズミにかじられやすいですが、ネズミが嫌う忌嫌剤が基材に含まれていて、ネズミ等が噛まないようにしている製品もあります。

参考文献

https://www.nisseieco.co.jp/products/corrugate

https://www.panduit.co.jp/column/nattoku/4378/

コルゲートチューブのメーカー情報

コルゲートチューブのメーカー10社一覧


コルゲートチューブのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 住友電装株式会社
  2. 2 興和化成株式会社
  3. 3 株式会社ニッセイエコ

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社オールテック
  2. 2 日機株式会社
  3. 3 株式会社セフティデンキ

歴史のある会社

  1. 1 住友電装株式会社
  2. 2 株式会社カメダデンキ
  3. 3 二松電気株式会社

関連記事

カテゴリから探す