【2021年版】アジャスタブルリーマ メーカー3社一覧

アジャスタブルリーマのメーカー3社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


アジャスタブルリーマとは

アジャスタブルリーマ(自在リーマ)とは、ドリルなどで開けた下穴を、更に高い精度になるように、決められた寸法や形に、仕上げることを目的として用いる切削工具(リーマ)の中でも、特に刃径寸法を調節可能なものを言います。

単位は本で数えますし、シャンク径と調整範囲がサイズにより、細かく設定されていて、小さなものの中には、刃数が少ないものも含まれています。

微妙な内径の調整が容易に可能な、パイプやシートチューブなどの穴を加工するためには必須となっています。

使用する場所及びサイズを測定した上で、用途に応じたものを選択して使用するべきです。

アジャスタブルリーマの使用用途

アジャスタブルリーマは、その他の工具よりも、遥かに完成度の高い穴あけの加工が可能な道具です。

用途としては、身の回りの金属製の製品などの加工をする際に用いるのですが、例としてバイク、自動車、もしくはその他の大型の金属製品などが挙げられます。

また様々な修理などでも使用可能ですので、非常に役に立つ道具と言えます。

アジャスタブルリーマの原理

アジャスタブルリーマは、ドリル刃の一種にあたるものであり、刃径寸法や歯形寸法などのサイズをすばやく調整が可能な替刃式(HSS)のリーマーであるため、一本のリーマーでソリッドリーマーの数十本分の機能を果たすようになっています。

アジャスタブルリーマは、必ず右回転で利用するべきであり、またブレードを交換する際には、溝に切り屑やゴミなどが、入り込まないように注意する必要があります。

アジャスタブルリーマのナットは、ブレードに緩みが生じないように、しっかりと締め付けて利用し、リーマー取りしろを通常Φ0.05ミリ〜Φ0.15ミリの間で調整します。

アジャスタブルリーマの精度を確保するため、アジャスタブルリーマのブレードが1枚でも欠損もしくは、激しい磨耗が確認されたケースでは、全てのブレードを新しいブレード(替刃)に交換すべきです。

アジャスタブルリーマの切刃は直線刃などが多いようですが、穴自体にキー溝や油溝があるケース、もしくは深い穴のケースでは、ねじれ刃が一般的な用途には向いています。

アジャスタブルリーマの刃を利用する事前に、削る目的物自体の硬さ及び材質、リーマー自体の作動で起きる振動などに対しての対応状況などについて、ある程度把握しておくことが重要です。

目的物の材質などの一部には、アジャスタブルリーマ自体が起こす振動のみで、その材質などへの何らかの影響を受けたりするものも存在するため、あまりハイパワーでの掘削作業などをいきなりするのは控えるべきです。

参考文献
https://www.monotaro.com/s/c-69687/?utm_source=Overture&utm_medium=cpc&utm_campaign=568056_6493295470&utm_content=78172182855&utm_term=b_381676628098_x_dsa-946792294074&yclid=YSS.1000110717.EAIaIQobChMIndi-hpyM7gIVhUNgCh2CBgUrEAAYAyAAEgLB0fD_BwE&gclid=CLeH6eyljO4CFQKVvAodoosEwA&gclsrc=ds
http://www.tukaikata-labo.com/content/3685
https://www.ipros.jp/product/detail/280651004

アジャスタブルリーマのメーカー情報

アジャスタブルリーマのメーカー3社一覧


アジャスタブルリーマのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 丸尾株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ライノス
  2. 2 丸尾株式会社
  3. 3 エフ・ピー・ツール株式会社

歴史のある会社

  1. 1 エフ・ピー・ツール株式会社
  2. 2 丸尾株式会社
  3. 3 株式会社ライノス

関連記事

カテゴリから探す