【2021年版】オーバーシューズ メーカー3社一覧

オーバーシューズのメーカー3社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


オーバーシューズとは

オーバーシューズは、靴の保護や汚れ防止のため通常履いている靴の上に重ねて履くシューズです。シューズカバーと呼ばれることもあり、使い捨てのタイプやスリッパ型、ブーツ型のシューズなど形状はいろいろあります。

オーバーシューズは、大きく分けてトレッキングなどの防水、防寒用途と、クリーンルームやなどの汚れ飛散防止用途があります。一般用に雨の日に履くためのオーバーシューズも販売されています。

最近では、医療現場での感染防止用としても需要が増えています。

オーバーシューズの使用用途

オーバーシューズは、トレッキング等でよく利用されます。靴の上に重ねて履くことで防寒や防水効果を高めることができます。ゴム製のオーバーシューズは、縫い目がないので、穴が開かない限り防水効果を維持することができます。

また、クリーンルームや医療現場などほこりや汚れを持ち込まないよう配慮が必要な場所では、オーバーシューズを利用することで、汚れを抑えることができます。アスベストや環境汚染が懸念される場所では使い捨てのタイプが活用されています。

オーバーシューズの原理

使い捨てでないトレッキングタイプでは、ブーツ状が多く、床材に耐摩耗性が強い素材が使用されています。スノーシューに取り付けることも可能です。スリッパタイプでは靴の上からすっぽり入るくらい大きめのサイズが多いです。

使い捨てタイプでは、材質は不織布や塩ビ、プラスチックがあります。それぞれ太ももまで覆うタイプもありますがくるぶし程度の高さを覆う製品が多いです。一般に滑りやすいので底面に滑り止めの加工がしてある製品もあります。

不織布製は、通気性がよく、静電気防止機能がついている場合が多いです。若干滑りやすいです。履き口はゴム製で締め付けがほどよくなっています。

プラスチック製は一般には密閉性が高く、滑り抵抗は悪く、履き口はゴム製が多いです。材質にポリエチレン透湿性フィルム等が使用されている通気性が良い製品もあります。また、PVCのコーティングが施されていて防水性の高い製品もあります。

靴を履いたまま移動ができるので除染作業や工場見学、説明会、食品加工工場などの出入り等に利用されています。

参考文献

https://www.spica-inc.jp/shoes-glossary/16315/#:~:text=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA%EF%BC%88overshoes%EF%BC%89%E3%81%A8%E3%81%AF,%E3%81%AE%E6%B5%B8%E6%B0%B4%E3%82%92%E9%98%B2%E3%81%90%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1129615

オーバーシューズのメーカー情報

オーバーシューズのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ヨツギ株式会社
  2. 2 株式会社プロディスク

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社プロディスク
  2. 2 ヨツギ株式会社
  3. 3 株式会社コロンブス

歴史のある会社

  1. 1 株式会社コロンブス
  2. 2 ヨツギ株式会社
  3. 3 株式会社プロディスク

オーバーシューズのメーカー3社一覧


関連記事

カテゴリから探す