株式会社不二越
ユニオンツール株式会社

【2021年版】ダイヤエンドミル メーカー16社一覧

ダイヤエンドミルのメーカー16社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ダイヤエンドミルとは

ダイヤエンドミルとは、刃先にダイヤモンドを使用した切削工具工具のことです。

ダイヤモンドは切削工具材料として硬さや熱の拡散性に非常に優れています。

天然ダイヤモンドの80%以上が工業用として利用されており、人工的に作られる人工ダイヤモンドのほとんどは工業用となっています。合成ダイヤモンドを人工ダイヤモンドとも呼び、炭素材料などから人工的に作り上げたダイヤモンドのことです。

グラファイト・CFRP/GFRP・セラミックス等の加工においてロング寿命を発揮します。

ダイヤエンドミルの使用用途

ダイヤエンドミルは、切れ刃を研磨すると「鋭利な切れ刃」を成型することが可能です。 ダイヤモンド切削工具は特性を活かし、超精密、超寿命、高性能な加工が可能となります。

切削工具に使われるダイヤモンドの種類は、単結晶ダイヤモンドと多結晶ダイヤモンドに別れ、単結晶ダイヤモンドは、さらに天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドに別れます。

単結晶は、高硬度、熱の拡散性が高く、刃先の鋭利性が高いことが特徴です。一方多結晶は、様々な方向に向いた小さな単結晶が集まった固体で、この不規則な構造がどんな方向からの力にも強く、割れたり、剥がれたりしづらい特徴があります。

ダイヤエンドミルの原理

ダイヤエンドミルは、マシニングセンターやフライス盤に取付けて、アルミニウム合金や銅合金などの非鉄金属材料や、木材やプラスチック、セラミックス成形体などの非金属材料の加工に適した切削工具です。

鉄とは親和性があるため鉄系の加工は避けます。また、靱性も低いので衝撃のある加工も注意する必要があります。

機械や電子機器などの分野における切削加工の高能率化、高精度化の流れにより、ダイヤモンド工具による切削加工が広まって来ました。自動車業界を例に挙げると、生産性を高めるために高能率加工が必要なことに加え、車体の軽量化にともなうアルミニウム合金の使用率の増加などにより、ダイヤモンド工具の使用量が増加してきています。

特にダイヤモンド粉末を超高圧高温下で焼き固めたダイヤモンド焼結体は、高硬度で強靱であり、切削工具や耐摩工具として多く使用されています。

近年、機械加工の高能率化、高精度化とともに、材料の多様化、難削化が進んでおり、ダイヤモンド工具に対する要求がますます高くなっています。

参考文献
https://jp.misumi-ec.com/vona2/fs_machining/T0130000000/T0130030000/T0130030100/
https://www.allied-material.co.jp/products/diamond/knowledge/cutting.html

ダイヤエンドミルのメーカー情報

ダイヤエンドミルのメーカー16社一覧


ダイヤエンドミルのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社不二越
  2. 2 旭ダイヤモンド工業株式会社
  3. 3 ユニオンツール株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ティーシーライズ
  2. 2 株式会社リスモツール
  3. 3 エフティダイヤモンドツール株式会社

歴史のある会社

  1. 1 水戸工業株式会社
  2. 2 株式会社不二越
  3. 3 旭ダイヤモンド工業株式会社

関連記事

カテゴリから探す