遠藤科学株式会社
横河電機株式会社
横河計測株式会社
日置電機株式会社
ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社
アンリツインフィビス株式会社
Tektronix, Inc.

【2021年版】パワーアナライザ メーカー10社一覧

パワーアナライザのメーカー10社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


パワーアナライザとは

パワーアナライザとは、電気機器で発生する電力を測定するための装置です。電力を測定することで、エネルギーの変換効率や電圧降下による機器の異常を確認することができます。

パワーアナライザではなくても、電力自体は電力計で測定することができます。しかし電力以外にも電圧、電流、周波数など様々なパラメータを測定できることが、電力計にはないメリットです。

結果表示画面には、複数のチャンネルが存在しています。チャンネルを設定することで、必要なパラメータだけを表示させることが可能です。

パワーアナライザの使用用途

パワーアナライザは太陽光発電や風力発電など、自然のエネルギーを利用した発電効率の測定に用いられています。

太陽光発電や風力発電のような自然エネルギーを利用した発電は、再生可能エネルギー発電と呼ばれます。再生可能エネルギーの利用は環境に優しいため、普及が進んでいます。一方でエネルギーの供給が気候に左右されるため、火力発電などよりも発電効率が悪いというデメリットも存在します。

発電効率を測定することで、電力がきちんと供給されているか確認しています。エネルギー不足により発電効率が低下している場合には、バックアップシステムが作動させる取り組みも行われています。

パワーアナライザの原理

パワーアナライザが測定する電力は、電圧と電流の式で求められます。電圧には種類がありませんが、電流は流れ方により種類が分けられます。

  • 交流
    電流の向きが一方向に定まっていない流れ方を交流と呼びます。時間によってプラスとマイナスが入れ替わることで、流れの向きが交互になります。

交互になるタイミングは、電流を流す時に用いる周波数で異なります。周波数が大きいほど、入れ替わる回数も増えます。

発電所から家庭や施設まで流れてくる電気は、すべて交流方式になっています。交流は直流に比べて、長い距離を送電できるというメリットがあります。

  • 直流
    プラスとマイナスが入れ替わらず、一方向に電気が流れる方式です。乾電池による送電が、直流方式にあたります。直流方式は構成が単純であり、わかりやすいです。

デメリットは遮断が難しいことです。トラブルやメンテナンス時に電流を遮断する必要が出てきますが、交流よりも実施が困難です。

パワーアナライザでは、直流、交流問わず測定可能です。

パワーアナライザの特徴

現在のパワーアナライザは以下の様な特徴があります。

  • 携帯性・・・太陽光パネルなどフィールドでの測定が必要な場面が多いため、小型軽量化がされています。従来ハードウェアで行っていた演算機能を電力解析エンジンに凝縮するなどの技術を用いて実現しています。
  • 環境適応性・・・恒温室や温度変化の激しいエンジンルームなど、過酷な温度環境下でも高精度な測定ができるように設計されています。
  • データ転送・・・Bluetoothなどの無線技術対応アダプタを併用することでデータロガーの様な機器に測定値を送信可能にしています。
  • インタフェース・・・USB (メモリ), LAN, GP-IB, RS-232C, 外部制御, 2台同期と多種多様な規格に対応しています。

パワーアナライザの機種選定の目安

パワーアナライザは価格帯から、普及価格機と高級機に機種が分けられます。どちらを使用するかは、電力測定における正確さと周波数範囲の2点が選ぶポイントとなります。100kHz以上や1Hz以下を含む周波数範囲を測定する場合や、高度な測定確度を求める場合は高級機を使用します。変化幅の大きな現象(待機電力/フルパワー)の高精度測定や、インバータ・スイッチング駆動の測定に適した機種は、やや高価な普及価格機(中級機)~高級機の中から選定。それ以外の場合は普及価格機で対応可能となります。

パワーアナライザの発展型

高精度で電力測定を行うパワーアナライザだが、近年は様々な発展型が各メーカーから発売されています。

  • オシロスコープ統合型・・・従来のパワーアナライザは波形観測の機能がなかった為、別途デジタルオシロスコープなどの波形測定機器を用意する必要がありました。2015年に高分解能オシロを統合したタイプが発売され、1台で電力と波形の両方を同時に測定することが可能となりました。現在は複数社で同様のオシロスコープ統合型が発売されています。

参考文献
https://www.hioki.co.jp/jp/products/detail/?product_key=649
https://www.hbm.com/jp/8099/what-is-a-power-analyzer-the-working-principle-explained/
https://www.fluke.com/ja-jp/products/electrical-testing/high-precision-power-analyzers
https://www.techeyesonline.com/tech-column/detail/Basic-Topics-017/
https://ednjapan.com/edn/articles/2003/16/news010.html
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/renewable/outline/index.html
https://selfconsuming-solar.com/column/solar/9269/
https://eleking.net/k21/k21t/k21t-power.html
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/48192
https://electric-facilities.jp/denki1/souden.html
https://news.mynavi.jp/article/20150130-a126/
https://www.techeyesonline.com/tech-column/detail/Basic-Topics-017/

パワーアナライザのメーカー情報

パワーアナライザのメーカー10社一覧


パワーアナライザのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 横河電機株式会社
  2. 2 日置電機株式会社
  3. 3 キーサイト・テクノロジー株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 キーサイト・テクノロジー株式会社
  2. 2 ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社
  3. 3 株式会社レックス

歴史のある会社

  1. 1 横河電機株式会社
  2. 2 日置電機株式会社
  3. 3 Tektronix, Inc.

関連記事

カテゴリから探す