株式会社東陽テクニカ
株式会社エヌエフ回路設計ブロック
日置電機株式会社
岩崎通信機株式会社

【2021年版】インピーダンスアナライザ9選 / メーカー5社一覧

インピーダンスアナライザのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


インピーダンスアナライザとは

インピーダンスアナライザーとは、その名の通りインピーダンス(抵抗)の分析器です。
インピーダンスは、電気工学の世界では常識的な言葉となっていますが、抵抗を指します。
抵抗については、中学校の理科で習うオームの法則で有名ですが、電圧を電流で割ったもの
が抵抗になります。但し、電気工学において、単純に抵抗(レジスタンス)と言えば、
直流成分のみを対象にしたものが抵抗ですが、実際に家庭や社会で使われている電力会社が
供給する電源は全て直流ではなく交流ですので、交流を含んだ電気回路における抵抗は、
レジスタンスではなくインピーダンスと呼ばれています。この交流成分を含んだ電気抵抗
であるインピーダンスを分析する機械が、インピーダンスアナライザーです。

インピーダンスアナライザの使用用途

インピーダンスアナライザーの使用用途については、交流成分を含んだ電気抵抗である
インピーダンスに関して、その成分の詳細を解析する際に使用することになります。例えば、
その解析結果は、大抵のインピーダンスアナライザー場合、横軸が周波数に対して、縦軸を
電圧や電流と言ったユーザーが欲しいパラメータ(変数)で表したグラフをインピーダンス
アナライザーの画面に表示させています。同様の装置には、LCRメータと言うものもあります。
しかし、LCRメータはピンポイントの結果を数値で表示するのみですが、インピーダンス
アナライザーは、幅広い周波数帯域を対象とした範囲における各種パラメータをグラフで
表示できるので、まさに電気の世界で、インピーダンスを解析したい時には、大変便利で
欠かせない装置となっています。

インピーダンスアナライザの原理

インピーダンスアナライザーの原理は、交流成分を含んだ抵抗であるインピーダンスを測定
することから始まります。その結果を画面上で、ピンポイントで表示したり、各種パラメータ
を用いてグラフ化したりするのは全て、このインピーダンスの測定が行われてからの話になります。
では、インピーダンスの測定がどのように行われるかですが、インピーダンスは、直流抵抗
と交流抵抗(通称リアクタンス)の合計なので、先ずは直流抵抗分を測定します。直流は
時間の要素がないので、中学校で習う最も簡単ですが重要で基本的なオームの法則で測定します。
つまり、直流抵抗は直流電圧を直流電流で割ったものになります。次に少々大変なのが、
交流成分抵抗(リアクタンス)の測定です。リアクタンスには、主に2種類の抵抗があります。
1つはコイルなどの巻線を代表するL(インダクタ)成分を対象とした誘導性リアクタンスです。
2つ目はコンデンサを代表とするC(キャパシタ)成分を対象とした容量性リアクタンスです。
これらは、各々電気の電圧や電流や抵抗を測定するテスターと呼ばれる装置にも多用されて、
電気を扱う世界では日常的に広く使われており、業務上、必要不可欠なものになっています。

参考文献
https://www.hioki.co.jp/jp/products/list/?category=32
https://www.keysight.com/ja/pc-1000000382%3Aepsg%3Apgr/impedance-analyzers?cc=JP&lc=jpn

Metoree カタログ
各社カタログを無料で一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

インピーダンスアナライザのメーカー情報

インピーダンスアナライザのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 岩崎通信機株式会社
  2. 2 日置電機株式会社
  3. 3 キーサイト・テクノロジー株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 キーサイト・テクノロジー株式会社
  2. 2 株式会社エヌエフ回路設計ブロック
  3. 3 株式会社東陽テクニカ

歴史のある会社

  1. 1 日置電機株式会社
  2. 2 岩崎通信機株式会社
  3. 3 株式会社東陽テクニカ

インピーダンスアナライザのメーカー5社一覧


インピーダンスアナライザのカタログ一覧(1件)

Metoreeに登録されているインピーダンスアナライザのカタログ一覧です。無料で各社カタログを一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

株式会社東陽テクニカのカタログ



インピーダンスアナライザ9選

インピーダンスアナライザ ZA57630

株式会社エヌエフ回路設計ブロック インピーダンスアナライザ 
 ZA57630 画像出典: 株式会社エヌエフ回路設計ブロック公式サイト

特徴

インピーダンスアナライザZA57630は、最高で36MHzの周波数に対応しており、±0.08%の確度の機能を持つ製品になります。

インピーダンスアナライザの製品の中でも最速の0.5ms/pointでの測定が可能となっており、生産ラインでのタイムの短縮ができます。

測定モードは4種類あり、幅広い範囲の周波数を高確度で測定することができる標準モードや、10MHz以上の周波数を安定的に測定できる高周波測定モード、大電圧用のアンプなどを接続して、広範囲のインピーダンスを測定することができる外部拡張測定モード、伝達特性測定が可能なゲイン・フェーズ測定モードがあります。

株式会社エヌエフ回路設計ブロックの会社概要

製品を見る

インピーダンス/ゲイン・フェーズ アナライザ ZGA5920

株式会社エヌエフ回路設計ブロック インピーダンス/ゲイン・フェーズ アナライザ ZGA5920 画像出典: 株式会社エヌエフ回路設計ブロック公式サイト

特徴

インピーダンス・ゲインフェーズアナライザZGA5920は、インピーダンスやゲインフェーズの測定することで、特性や性質を正確に分析することができる総合解析装置になります。

専用のソフトウェアが搭載されており、解析結果を使用したシミュレーションやレポートの作成などをパソコンを操作している様な状態で、操作することができます。

0.1mHzの超低周波領域の測定や、高電圧回路、パワーデバイスなどの入力電圧が高い測定にも対応しています。

株式会社エヌエフ回路設計ブロックの会社概要

製品を見る

インピーダンスアナライザ IM7587

日置電機株式会社 インピーダンスアナライザ IM7587 画像出典: 日置電機株式会社公式サイト

特徴

インピーダンスアナライザIM7587は、日置電機社のインピーダンスアナライザのラインナップの中でも、最大で3GHzの周波数が測定でき、最も高周波数の測定が可能な製品になります。

インピーダンスアナライザ本体はハーフラックサイズで、持ち運びに適しており、設置場所に困らずに使用することができ、テストヘッドは手のひらサイズであるため、ストレスなく使用できます。

専用の確度計算のソフトがあるため、分析などを簡単に行うことができます。

日置電機株式会社の会社概要

製品を見る

インピーダンスアナライザ IM7581

日置電機株式会社 インピーダンスアナライザ IM7581 画像出典: 日置電機株式会社公式サイト

特徴

インピーダンスアナライザIM7581は、日置電機社のインピーダンスアナライザのラインナップの中でも、最も小さい100kHzの周波数の測定が行える製品になります。

アナログ計測時間は最速で0.5msであるため、短時間で測定を完了できるうえ、繰り返し検査を行うことができるLCRメータ機能が搭載されており、生産工程で使用する場合、時間を節約することができます。

装置の大きさは、本体がハーフラックサイズ、テストヘッドは手のひらサイズであるため、便利に使用することができます。

日置電機株式会社の会社概要

製品を見る

ケミカルインピーダンスアナライザ IM3590

日置電機株式会社 ケミカルインピーダンスアナライザ IM3590 画像出典: 日置電機株式会社公式サイト

特徴

ケミカルインピーダンスアナライザIM3590は、電気化学部品や材料、電池などの研究開発における、イオン挙動や溶液抵抗測定に対しての使用向けのインピーダンスアナライザになります。

LCR測定やスイープ測定など幅広い測定に使用することができます。

基本確度が±0.05%と非常に正確に測定することができるため、部品の動作保証の検査から、研究開発用の測定にまで対応しています。

無負荷状態の電池の、内部インピーダンスの測定にも対応しています。

日置電機株式会社の会社概要

製品を見る

インピーダンス解析装置 PSM3750

岩崎通信機株式会社 インピーダンス解析装置 PSM3750 画像出典: 岩崎通信機株式会社公式サイト

特徴

PSM3750は、業界最高クラスの位相確度が0.025%と非常に正確な測定が可能な、位相と振幅特性解析とインピーダンス解析が可能な測定装置になります。

10μHz~50MHzの幅広い周波数レンジの測定が可能です。

500Vpkアイソレーションの発振器と入力によって、電源のフィードバック解析を、差動プローブや絶縁トランスを使用せずに測定を行うことができます。

RS332やUSB、LAN、GPIBのインターフェースに対応しており、様々な装置との通信が可能です。

岩崎通信機株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都杉並区久我山1丁目7番41号
  • URL: http://www.iwatsu.co.jp/
  • 創業: 1938年
  • 従業員数: 1,277人

製品を見る

E4990A インピーダンス・アナライザ

キーサイト・テクノロジー株式会社 E4990A インピーダンス・アナライザ 画像出典: キーサイト・テクノロジー株式会社公式サイト

特徴

E4990Aインピーダンス・アナライザは、業界最高クラスの基本確度0.045%と、非常に正確に測定することができる製品になります。

電子部品や半導体デバイス、半導体材料の研究開発や品質管理、検査向けの製品になります。

測定値から回路の解析を行うことができ、シミュレーションのモデルは7種類対応しており、幅広い解析が可能です。

キーサイト社の他のアクセサリーとの互換性が非常に優れており、アクセサリーを追加することでアップグレードすることができます。

キーサイト・テクノロジー株式会社の会社概要

製品を見る

E4991B インピーダンス・アナライザ

キーサイト・テクノロジー株式会社 E4991B インピーダンス・アナライザ 画像出典: キーサイト・テクノロジー株式会社公式サイト

特徴

E4991Bインピーダンスアナライザは、キーサイト社のインピーダンスアナライザのラインナップの中でも、カスタム性が優れており、3つの周波数オプションや周波数アップグレードを使用することで、コストを最小限に抑えることができます。

半導体関係の製品の研究開発や品質管理、出荷前の検査の場面での使用に適しています。

7種類のシミュレーションモデルがあり、正確で効率的に測定対象をシミュレーションすることができます。

キーサイト・テクノロジー株式会社の会社概要

製品を見る

E5061B ENAシリーズ ネットワーク・アナライザ

キーサイト・テクノロジー株式会社 E5061B ENAシリーズ ネットワーク・アナライザ 画像出典: キーサイト・テクノロジー株式会社公式サイト

特徴

E5061BENAシリーズネットワーク・アナライザは、様々な測定に対して、最適な構成を選択することができる、1台でインピーダンスアナライザとネットワーク解析が可能な製品になります。

電子部品や半導体関連の測定に適しており、測定対象と使用する測定によって、専用のソフトウェアが用意されており、短時間で簡単に解析結果の処理が可能になります。

キーサイト社の他の製品との互換性に非常に優れており、簡単にアップグレードすることができます。

キーサイト・テクノロジー株式会社の会社概要

製品を見る

インピーダンスアナライザのオンライン購入


モノタロウでチェック

インピーダンスアナライザのレンタル


横河レンタ・リース株式会社でチェック

インピーダンスアナライザの中古品


株式会社メジャーでチェック


株式会社ショップエアラインでチェック

関連記事

カテゴリから探す