株式会社テクシオ・テクノロジー
株式会社テイエスエスジャパン
ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社
マイクロニクス株式会社
テレダイン・ジャパン株式会社
アンリツ株式会社
アールエフネットワーク株式会社
Virginia Diodes, Inc.
Tektronix, Inc.
Siglent Technologies Co., Ltd.
RIGOL Technologies Co., Ltd.
China Electronics Technology instruments Co.,Ltd.

【2021年版】スペクトラムアナライザ8選 / メーカー15社一覧

スペクトラムアナライザのメーカー15社・46製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


スペクトラムアナライザーとは

スペクトラムアナライザ

スペクトラムアナライザーは電気計測器の一つです。通称スペアナと呼ばれています。横軸に周波数、縦軸が電力か電圧としてスペクトラムを表示することができます。

高周波用と低周波用があり用途が異なっています。高周波用では電波の高周波信号の周波数成分の分布の表示や、AC電源の成分の分析で、低周波用ではノイズの分析などに使用されます。

静電気や過大電力信号等で不正確な結果になる場合もありますので、使用方法や条件をよく確認してから使用することをお勧めします。

スペクトラムアナライザーの使用用途

高周波のスペクトラムアナライザーは、無線機の送信機、受信機の検査、測定、修理や設計時に、送信波、スプリアスの測定に使用されています。各種の設定項目が重要なので、用途に応じて適切な値を入力する必要があります。

低周波用では、小型で持ち運べる製品もあり、フィールド試験で電界強度の測定や、周波数特定、騒音測定、機械の診断や、構造解析、振動試験と幅広く使用されています。身近な例としては、ワイヤレスランの設置作業にも利用されます。

スペクトラムアナライザーの原理

多くのスペクトラムアナライザーはスーパーヘテロダイン方式です。ヘテロダインにより受信した信号を一度周波数変換する受信方式です。アナログ時代からある方式で、ラジオや受信機と同じ仕組みです。

スーパーヘテロダイン同調掃引方式のでは、入力信号はアッテネータとローパスフィルターによって制限されながら通過します。さらにミキサと局部発振器(ローカルオシレータ)が入力信号を周波数変換します。そしてバンドパスフィルターによって設定された周波数分解能によって、帯域制限された周波数を掃引して測定していきます。狙った周波数範囲のみを測定できるのでノイズレベルを下げることができます。

最近ではFFT方式が開発され、人気が出てきています。入力信号が周波数変換されるところまではスーパーヘテロダイン同調掃引方式と同じです。バンドパスフィルターの出力をADコンバータでデジタル信号に変換してから高速フーリエ変換で周波数を表示する場合もあります。測定速度が速く、スペクトラムが短時間で変化する場合に向いています。

スペクトラムアナライザーのアプリ

スペクトラムアナライザには大きく分けて2つの種類があり、ひとつはオーディオ信号を扱うもの、もう一つは電波強度を可視化するためのものです。

スペクトラムアナライザは入力された信号を周波数成分に分解し、それぞれのシグナル強度をグラフ化するための計測器です。演算処理を行うアプリケーションが同梱されています。

オーディオ信号を扱うものは数十~22kHz程度の音声信号をパソコンのサウンドボードに入力し、FFT演算、グラフ表示して、どの周波数信号が強く出ているかをアプリケーションで可視化します。部屋の音響確認や、楽器のチューニングなどに役立ちます。

電波強度用の計測器に付属するアプリケーションは、WiFi信号の検出、強度確認のための可視化ツールとして使用されています。WiFIデバイスなどで受信した信号を演算処理して、2.4GHz帯、5GHz帯の信号強度をグラフ化することができます。

スペクトラムアナライザーの価格

オーディオ信号用のスペクトラムアナライザはパソコンのサウンドボードで代用できるため、数千円で購入することができます。

WiFi信号の可視化だけが目的のスペクトラムアナライザであれば、スマホやパソコンのWiFi受信機で実現できてしまうため実質追加購入費用はありません。

10GHzまで計測できるような電子機器の電波解析用スペクトラムアナライザの場合は、2,000,000~10,000,000円が相場になります。

スペクトラムアナライザーの通過帯域幅(RBW)

スペクトラムアナライザで観測したい信号成分だけを検出し、不要なノイズを除去するために重要なのがRBW(Resolution Band Width:分解能帯域幅)の設定です。

必要な信号に対して、基準となる既知の周波数の信号をミキシングすると、中間周波数と呼ばれる信号が生成されます。この中間周波数の通過帯域を絞り込むことで不要な信号を除去し、観測したい信号だけを取り出すようにします。

このとき絞り込む通過域によって信号の分解能が決まることから、RBWと呼ばれています。

RBWを狭くすれば計測に時間がかかりますが、精度があがります。RBWを広くすれば計測は早いですが、ノイズが含有されるので分解能は下がります。

参考文献
http://www.micronix-jp.com/note/application/fundamentals_of_speana_1.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B6
https://jp.rs-online.com/web/generalDisplay.html?id=ideas-and-advice/spectrum-analyzer-guide

Metoree カタログ
各社カタログを無料で一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

スペクトラムアナライザのメーカー情報

スペクトラムアナライザのメーカー15社一覧


スペクトラムアナライザのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 アンリツ株式会社
  2. 2 キーサイト・テクノロジー株式会社
  3. 3 マイクロニクス株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 China Electronics Technology instruments Co.,Ltd.
  2. 2 キーサイト・テクノロジー株式会社
  3. 3 株式会社テクシオ・テクノロジー

歴史のある会社

  1. 1 アンリツ株式会社
  2. 2 Bird Technologies
  3. 3 Tektronix, Inc.

スペクトラムアナライザのカタログ一覧(1件)

Metoreeに登録されているスペクトラムアナライザのカタログ一覧です。無料で各社カタログを一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

RIGOL Technologies Co., Ltd.のカタログ



スペクトラムアナライザ8選

R&S(R)FSW シグナル・スペクトラム・アナライザ

ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社 R&S(R)FSW シグナル・スペクトラム・アナライザ 画像出典: ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社公式サイト

特徴

R&S®FSWシグナル・スペクトラム・アナライザは、定位相の雑音を高感度で測定することができ、スペクトラムアナライザに要求される測定が厳しい場合の使用に適している製品になります。

12.1インチの高解像度のタッチパネルディスプレイと、ディスプレイへの測定データの複数表示が可能のため、非常に使いやすい装置になります。

5G向けの製品への測定にも対応しており、今後市場が拡大する5Gに対して高性能に測定することができます。

ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社の会社概要

製品を見る

シグナルアナライザ MSA500シリーズ

マイクロニクス株式会社 シグナルアナライザ MSA500シリーズ 画像出典: マイクロニクス株式会社公式サイト

特徴

シグナルアナライザMSA500シリーズは、ノイズの測定や過渡現象を測定、解析するために最適な方式であるリアルタイム方式と、広いスパンを測定することに適している掃引方式の両方の測定方法を使い分けることで正確な解析ができるスペクトラムアナライザです。

大きさが162×71×265mmと小型で、重さは1.8kgと、持ち運びがしやすいうえ、バッテリーの駆動時間が4時間と非常に便利に使用することができます。

デモ製品の貸し出しも行っているため、事前に使用してみてから購入することが可能です。

マイクロニクス株式会社の会社概要

製品を見る

スペクトラムアナライザ MSA400シリーズ

マイクロニクス株式会社 スペクトラムアナライザ MSA400シリーズ 画像出典: マイクロニクス株式会社公式サイト

特徴

スペクトラムアナライザMSA400シリーズは、MICRONIX社のスペクトラムアナライザの製品ラインラップの中でも、低価格で従来の製品よりも大幅にアップグレードした製品になります。

5.7インチと大きいカラーディスプレイが搭載されているので、見やすく作業することができます。

USB接続が可能で、データの保存をUSBメモリで行えることや、パソコンなどと接続することができ、転送速度が最高で12Mbpsで行うことができ、時間を節約することができます。

マイクロニクス株式会社の会社概要

製品を見る

T3SA3100

テレダイン・ジャパン株式会社 T3SA3100 画像出典: テレダイン・ジャパン株式会社公式サイト

特徴

スペクトラムアナライザT3SAは、テレダイン社のスペクトラムアナライザのラインラップの中でも、様々な測定機能が付いており、コンパクトなサイズの高いパフォーマンスを発揮するモデルになります。

周波数の測定可能範囲が9kHz~2.1GHzと~3.2GHzの2種類のモデルから選択することができ、広い周波数範囲をカバーする必要がない場有は、安く購入することができます。

テレダイン社の反射測定キットや、拡張測定オプションを購入することで、幅広い測定が可能になります。

テレダイン・ジャパン株式会社の会社概要

製品を見る

N9041B

キーサイト・テクノロジー株式会社 N9041B 画像出典: キーサイト・テクノロジー株式会社公式サイト

特徴

Xシリーズシグナル・アナライザは、キーサイト社のスペクトラムアナライザのラインラップの中でも、最高性能の信号解析が可能な製品になります。

業界最高性能のリアルタイム解析が可能なだけでなく、低価格帯のスペクトラムアナライザが行う基本的な測定まで幅広く対応しています。

測定結果を表示するディスプレイは、見やすいように設計されており、複数の測定結果をリアルタイムで表示することができます。

キーサイト社の他の製品との使用コードが同じため、データ共有などがしやすいです。

キーサイト・テクノロジー株式会社の会社概要

製品を見る

N9322C

キーサイト・テクノロジー株式会社 N9322C 画像出典: キーサイト・テクノロジー株式会社公式サイト

特徴

ベーシック・スペクトラム・アナライザ(BSA)は、キーサイト社のスペクトラムアナライザのラインラップの中でも、効率性と合理性を追求した生産性の向上に有効な製品になります。

スペクトラム解析だけでなく、信号モニタリングや伝送測定、反射測定など様々な測定に対応しています。

他社のスペクトラムアナライザの製品に比べ安価に購入することができますが、最大7GHzの周波数の測定が可能のため、安心して購入することができます。

キーサイト・テクノロジー株式会社の会社概要

製品を見る

RSA306B型

Tektronix, Inc. RSA306B型 画像出典: Tektronix, Inc.公式サイト

特徴

RSA306B型USBスペクトラム・アナライザは、テクトロニクス社独自の特許技術であるDPX技術によって、既存の製品では検出が困難だった対象も測定することができる装置になります。

テクトロニクス社の製品専用のソフトウェアによって、様々な設定条件を保存することや、データを共有することができ、測定対象や測定方法の検出に応じて、15種類以上のパッケージが用意されています。

0.7㎏と非常に軽量で堅牢なため、持ち運びに便利です。

Tektronix, Inc.の会社概要

製品を見る

RSA500シリーズ

Tektronix, Inc. RSA500シリーズ 画像出典: Tektronix, Inc.公式サイト

特徴

RSA500シリーズ・リアルタイム・スペクトラム・アナライザは、堅牢性と持ち運びがしやすく、作業現場で必要な機能がすべて備わっている製品になります。

テクトロニクス社の製品の中でミドルレンジの性能を備えており、素早いスキャニングによって、短時間で作業を終わらせることができます。

専用のソフトウェアであるSignalVuによって、非常に操作しやすく、様々な信号の解析に対応している26種類のパッケージがあります。

Tektronix, Inc.の会社概要

製品を見る

スペクトラムアナライザの46製品一覧

スペクトラムアナライザのオンライン購入


ミスミでチェック


モノタロウでチェック

関連記事

カテゴリから探す