武藤工業株式会社
株式会社日本HP
株式会社ミマキエンジニアリング
株式会社マイクロボード・テクノロジー
株式会社フュージョンテクノロジー
株式会社ディーメック
株式会社ソディック
株式会社スリーディ・システムズ・ジャパン
株式会社ストラタシス・ジャパン
日本バイナリー株式会社
モディアシステムズ株式会社
ミッツ株式会社

【2021年版】3Dプリンター5選 / メーカー31社一覧

3Dプリンターのメーカー31社・110製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


3Dプリンターとは

3Dプリンター

3Dプリンターとは3次元データを元に、印刷された断面を積層していくことで立体物を生成する機器です。3Dプリンターは粉末焼結積層造形メソッド(SLS)・光造形メソッド(SLA)・インクジェットメソッド・インクジェット粉末積層メソッド・熱溶解積層メソッド(FDM)の5種類に大別されます。

粉末焼結積層造形メソッド(SLS)はサポート材の必要なしに大規模で強度のある構造物を印刷でき、光造形メソッド(SLA)は造形後の加工が容易で、透明の印刷物を作成できるというメリットがあります。インクジェットメソッド・インクジェット粉末積層メソッドは設置が容易で高分解能の印刷が可能です。熱溶解積層メソッド(FDM)はもっとも低価格で印刷でき、一般的用途の3Dプリンターとして主流となっています。

 

Amazonで人気の3Dプリンターをチェック

 

3Dプリンターの使用用途

粉末焼結積層造形メソッド(SLS)は工業機器の部品や医療用インプラントの作成に使われ、光造形メソッド(SLA)は加工が容易である特性を生かしモックアップや舞台用小道具などの作成に利用されています。インクジェットメソッド・インクジェット粉末積層メソッドは高分解能な印刷が行えるため、医療用部品・小ロットの製品製造に使われており、熱溶解積層メソッド(FDM)はフィギュアや模型などの制作に利用されています。

3Dプリンターの原理

3Dプリンターは粉末焼結積層造形メソッド(SLS)・光造形メソッド(SLA)・インクジェットメソッド・インクジェット粉末積層メソッド・熱溶解積層メソッド(FDM)の5種類に大別されます。

粉末焼結積層造形メソッド(SLS)では粉末状の材料に高出力レーザーを照射することで材料を焼結させて印刷します。光造形メソッド(SLA)では光硬化する液体樹脂に光を当てることで硬化させて印刷を行います。インクジェットメソッドでは紫外線硬化性の材料をあたかも普通のプリンターで印刷するように二次元上に配置したのちに紫外線を照射させ硬化させることで印刷を行います。インクジェット粉末積層メソッドでは石灰上に接着材を配置し硬化させることで印刷を行います。本手法では着色剤を用いることでカラーでの構造物を作成できます。熱溶解積層メソッド(FDM)では熱可塑性樹脂を0.5mm前後の細いノズルから吐出することで印刷を行います。

3Dプリンターの使用方法

3Dプリンターは、樹脂を溶解することで設計した構造物を積層していくことができます。しかし、使用するにあたり最低限の準備があります。

まず、パソコンや積層を行う3Dプリンター本体、立体的なCAD図を設計するための3DCADソフトが必要です。

次に、必要なソフトとしてスライスソフトがあります。スライスソフトは、3次元データをツールパスデータに変換する機能を持っています。

そして、3Dプリンターには積層する材料としてフィラメントが必要です。これは3Dプリンターの積層方法によって種類が異なりますが、PLA樹脂やABS樹脂などが初学者には多く利用されています。

さらに、3Dプリンターで構造物を積層するまでの手順を説明します。

構造物を積層するには3DCADソフトを利用することで3次元データを作成します。そして、3Dプリンターが3次元データを読み込めるようにSTL形式のデータに変換します。STL形式のデータをツールパスデータに変換することで3Dプリンターが動作します。

最後に構造物に支持材として溶着している副材を取り除き、バリなどを表面処理することで滑らかな仕上がりになります。

取り扱えるフィラメントの材料

3Dプリンターは機器の種類や素材の溶解方式などによって取り扱える材料に制限があります。たとえば樹脂に対応している3Dプリンターであれば、一般的な柔らかい樹脂から固い樹脂まで取り扱うことができます。そして、金属に対応しているタイプであれば金属の構造物を積層することが可能です。3Dプリンターの種類によっては幅広く材料を取り扱えるタイプもあります。

ここでは取り扱えるフィラメントの材料として樹脂と金属に焦点をあてて説明を行います。

まず、樹脂製のフィラメントの種類として初学者から上級者まで多く使用されている樹脂にはPLA樹脂やABS樹脂があります。PLA樹脂は、トウモロコシなどを主成分としたポリ乳酸から構成されている再生材料から合成された樹脂です。ABS樹脂は、アクリロニトリルやブタジエン、スチレンから構成されている合成樹脂です。この他の樹脂材料にはナイロンや石膏、ゴム、エポキシ系などがあります。

そして、金属製のフィラメントの種類にはステンレスや真鍮、チタン、プラチナ、シルバー、ゴールドなどが挙げられます。この他には特殊な素材として青銅が粉末として含有されたフィラメントなどがあります。

参考文献
https://cweb.canon.jp/solution/biz/trend/3dprinter01.html
https://www.ricoh.co.jp/3dp/what/
https://3dprinter.co.jp/2274/
https://i-maker.jp/blog/3dprint-filament-11722.html#3D-3
https://i-maker.jp/blog/pla-filament-11486.html
https://www.ricoh.co.jp/3dp/lineup/byMaterial/
https://i-maker.jp/blog/colorfabb-bronzefill-3786.html

Metoree カタログ
各社カタログを無料で一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

3Dプリンターのメーカー情報

3Dプリンターのメーカー31社一覧


3Dプリンターのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社リコー
  2. 2 XYZprinting、Inc.
  3. 3 株式会社キーエンス

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社フュージョンテクノロジー
  2. 2 BigRep GmbH
  3. 3 株式会社フュージョンテクノロジー

歴史のある会社

  1. 1 株式会社リコー
  2. 2 株式会社日本HP
  3. 3 丸紅情報システムズ株式会社

3Dプリンターのカタログ一覧(2件)

Metoreeに登録されている3Dプリンターのカタログ一覧です。無料で各社カタログを一括でダウンロードできるので、製品比較時に各社サイトで毎回情報を登録する手間を短縮することができます。

BMF Japan株式会社のカタログ



3Dプリンター5選

3DUJ-553

株式会社ミマキエンジニアリング 3DUJ-553 画像出典: 株式会社ミマキエンジニアリング公式サイト

特徴

3DUJ-553は、これまで2Dの高画質業務用のUV硬化インクジェットプリンタ方式で培ってきた技術を活かし1,000万色以上のフルカラー&クリア造形を実現しています。

また、水溶性のサポート材料を使用しているため、水に浸しておくだけでサポート材除去が可能です。

そのため、色鮮やかな造形はもちろんのこと、他造形方式の3Dプリンタではサポート材除去時に折れてしまうような細部の造形表現に優れています。

活用事例としては、フィギュア人形のフルカラー造形(人間を3Dスキャンしたデータの他にも、最近ではVtuberや3Dアバターのデータから造形していただいた事例もあります)、文化財のフルカラー3Dスキャン&ミニチュア造形、医療模型、研究開発デザイン模型、建築模型などがあります。

活用例のお客様の中でもフルカラー色表現でフィギュア関係の造形用途でのお客様への導入が多いです。

株式会社ミマキエンジニアリングの会社概要

  • 会社所在地: 長野県東御市滋野乙2182番地3
  • URL: https://ir.mimaki.com/
  • 創業: 1975年
  • 従業員数: 821人

製品を見る

FORMLABS FORM3

株式会社マイクロボード・テクノロジー FORMLABS FORM3 画像出典: 株式会社マイクロボード・テクノロジー公式サイト

特徴

多種多様なフォルムの造形を楽しみたい方におすすめなのが、株式会社マイクロボード・テクノロジーのFORMLABS FORM3です。

この3Dプリンターの特徴はこだわりぬいた再現性で、細部まで精巧に仕上げられます。

さらに正確な造形は仕上がりが美しいだけでなく、印刷後の後処理も簡単でデリケートなアイテムをきれいな状態で手に取ることができます。

この機種は材料の交換がしやすいので、機械操作が苦手な人でも安心です。

株式会社マイクロボード・テクノロジーの会社概要

製品を見る

NF-600S

ニッポー株式会社 NF-600S 画像出典: ニッポー株式会社公式サイト

特徴

独創的な造形を可能にしてくれる3Dプリンターといえば、ニッポー株式会社のNF-600Sです。

付属の標準的なサイズに加えてオプションで微細サイズや大口径サイズのノズルがあり、造形できるフォルムの幅が広がります。

さらにフィラメント材料の種類が豊富で、素材の特徴を活かしたアイテム作りにも挑戦できます。

簡単な操作で造形が楽しめるよう工夫がされているので使い慣れている人にはもちろん、初心者にもぴったりの機種です。

ニッポー株式会社の会社概要

製品を見る

パーソナル3Dプリンター

アルテック株式会社 パーソナル3Dプリンター 画像出典: アルテック株式会社公式サイト

特徴

まだまだ高価で手を出しづらいイメージの3Dプリンターですが、手頃で扱いやすく職場や教育現場にも取り入れやすいのがアルテック株式会社のパーソナル3Dプリンターです。

世界で10万台以上使われている実績があり、使いやすさやコストパフォーマンスを追及しています。

手軽に扱えながらプリントしたものの完成度は高く、おもちゃから車の部品まで対応できる素材が用意されています。

目的をもって3Dプリンターを使ってみたい人から、3Dプリンターで新たな創作活動をしたい人までおすすめのモデルです。

アルテック株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 東京都中央区入船2丁目1番1号住友入船ビル2階
  • URL: https://www.altech.co.jp/
  • 創業: 1976年
  • 従業員数: 414人

製品を見る

Adventurer3S

Apple Tree株式会社 Adventurer3S 画像出典: Apple Tree株式会社公式サイト

特徴

Adventurer3Sは、大人気プリンター「Adventurer3」の日本限定最新シリーズとなります。
筐体には業界初のスケルトンボディが採用されています。
懐かしのスケルトンカラーリングのおかげで見た目だけではなく、3Dプリンターが実際に稼働している際の内部の様子も観察できるようになっています。

Adventurer3シリーズはノズル交換が非常に簡単で、初心者がつまづきやすい面倒なノズル交換も、ワンタッチでおこなうことができます。
また、本体には日本語タッチパネルを搭載しており、コンパクトなサイズながら、造形サイズはパーソナルユースに十分な150mm角を実現しております。

3Dプリンターを初めて使う方から使い慣れた方まで、幅広くオススメできる1台です。

Apple Tree株式会社の会社概要

製品を見る

3Dプリンターの110製品一覧

3Dプリンターのオンライン購入


モノタロウでチェック


アズワンでチェック


ミスミでチェック

3Dプリンターのレンタル


SOLIZE株式会社でチェック

3Dプリンターの中古品


ジモティーでチェック


メルカリでチェック


楽天市場でチェック


中古機械情報百貨店でチェック


MACHINE SEEKERでチェック

関連記事

カテゴリから探す