【2021年版】パッド印刷機 メーカー9社一覧

パッド印刷機のメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


パッド印刷機とは

パッド印刷機は、印刷に使用する機械の一種です。軟らかいパッドを対象物に押し付けて印刷を行うため、平面だけではなく曲面などにも綺麗に印刷を行うことができます。色も単色に限らず様々な色を組み合わせて使用することが可能です。シリコンパッドを使用して印刷を行うため、印刷できる大きさはシリコンパッドの大きさに依存します。

パッド印刷機の使用用途

樹脂製品やバッグなどの布製品、革製品など、様々なものに対して印刷を行うことができるため、ボールペンやトートバッグなど身近なものの印刷にも多く使用されています。特に、凹凸のある面にも綺麗な印刷ができるという特長から、ボールペンやマグカップなど通常の印刷では対応できないような形状に対しての印刷には必須の技術です。一方で、印刷範囲は印刷に使用するシリコンパッドの大きさに依存するため、あまり大きな製品への印刷には向いていないと言えます。

パッド印刷機の原理

パッド印刷は、以下のような流れで行われます。印刷に使用するシリコンパッドには弾力があるため、曲面や凹凸面にも印刷可能です。また、一般的なシルク印刷に比べて乾燥が速いため、印刷直後の重ね刷りもでき、フルカラー印刷が可能という特長もあります。

  • 対象物を印刷台に乗せ、位置を微調整します。
  • 印刷デザインを彫り込んだ凹版にインクを流し込み、余分なインクを掻き出します。
  • シリコンパッドを凹版面に押し当て、インクを転写します。
  • シリコンパッドを対象物に押し当てることで、インクを対象物に転写します。

パッド印刷機には、位置調整などを人が行うものと機械が自動的に行うものが存在し、用途によって使い分けられています。生産数の少ない特注品や印刷精度がそこまで高くない場合などは、一部手動のパッド印刷機でも十分に対応可能ですが、大量生産が必要なものや高い印刷精度が必要となる場合には、自動のパッド印刷機が使用されるのが一般的です。また、印刷品質はシリコンパッドの状態に依存するため、シリコンパッドの劣化やゴミの付着などには注意が必要となります。

参考文献
http://www.original-pad-print.com/about/#:~:text=%E3%83%91%E3%83%83%E3%83%89%E5%8D%B0%E5%88%B7%E3%81%A8%E3%81%AF%E5%87%B9%E7%89%88,%E5%90%8D%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%81%8C%E5%8F%AF%E8%83%BD%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82
https://www.spacesystems.co.jp/products/list.php?category_id=158

パッド印刷機のメーカー情報

パッド印刷機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社トーヨーコーポレーション
  2. 2 ナビタスマシナリー株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社プラネット
  2. 2 株式会社セリテック
  3. 3 株式会社豊成産業

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ミノグループ
  2. 2 スペースシステムズ株式会社
  3. 3 株式会社トーヨーコーポレーション

パッド印刷機のメーカー9社一覧


関連記事

カテゴリから探す