産業用製品比較のメトリー
メトリー
武藤工業株式会社
株式会社ミマキエンジニアリング
サンハヤト株式会社

【2020年版】UVプリンター メーカー9社一覧

UVプリンターのメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


UVプリンターとは

UVプリンターとは、紫外線を照射させることで硬化するUVインクを使用したプリンターの総称です。開発当初はメタルハライドランプで紫外線を照射しており、高い消費電力や発熱性、寿命が短いなどデメリットが大きくありました。しかしUV-LEDランプの登場により性能が劇的に向上し、UVプリンターの需要は増加しています。一般的な家庭用はインクが乾燥するまで時間がかかりますが、UVプリンターはインクが瞬時に硬化するため速乾性が非常に高いのです。ただ、プリンターそのものが効果であると同時に光沢の表現が難しくマットな仕上がりになります。

UVプリンターの使用用途

UVプリンターは木材や一般的な樹脂、皮革など硬度の高い素材から柔軟性の高い素材まで幅広く印刷できます。この幅広い適用性がUVプリンターの大きな特徴であり、一般的な家庭用プリンターとの大きな違いでもあります。最近ではスマートフォンケースやキーホルダーの印刷に使用されています。また、インクのコストも特別高いわけではありません。唯一のデメリットはプリント中に発生するにおいです。紫外線で硬化させる際にUVインク特有のにおいが発生するため、脱臭装置の併用が推奨されています。

UVプリンターの原理

UVプリンターはUV硬化樹脂が硬化する原理を応用しています。UVインクに紫外線を照射するとラジカル重合が開始し、瞬時に硬化します。一般的な家庭用プリンターはインクを受理層に浸透させた後、乾燥し固定化されますが、UVプリンターの場合はインクを浸透させる必要がないため受理層の有無にかかわらず、プリントできます。そのためプリントが困難とされていた樹脂や金属、柔軟性の高い素材にも対応可能になりました。ただ、UVプリンターにもプリントが困難な条件がいくつかありますので、紹介します。

  • 撥水性の高い素材

紫外線で硬化する前のインクは液体のため、撥水性が高い素材の場合、インクを塗布した際にはじいてしまいます。そのため素材との密着性が非常に低くプリントは困難になります。

  • 油分や添加剤の多い素材

材料表面に油分が存在するとインクの密着性が低下します。特に樹脂などの場合は、可塑剤や添加剤がインクの密着性を阻害することが多いため注意が必要です。多くはアルコールで脱脂することにより改善します。

  • 平滑性の高い素材

微小な凹凸があるほどインクの密着性が高くなるため、平滑性が極めて高い素材のプリントには向きません。そのためサンドペーパーなどで意図的に凹凸をつける場合もあります。

参考文献
https://www.large-format-printer.jp/blog/uv-business/ink_structure/
https://www.rolanddg.co.jp/products/printers/how-uv-printer-works

UVプリンターのメーカー情報

UVプリンターのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ミマキエンジニアリング
  2. 2 トーヨーケム株式会社
  3. 3 武藤工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 トーヨーケム株式会社
  2. 2 武藤工業株式会社
  3. 3 株式会社サンワカンパニー

歴史のある会社

  1. 1 サイデン化学株式会社
  2. 2 桜井株式会社
  3. 3 サンハヤト株式会社

UVプリンターのメーカー9社一覧


関連記事

カテゴリから探す