武藤工業株式会社
株式会社ミマキエンジニアリング
サンハヤト株式会社

【2021年版】UVプリンター5選 / メーカー9社一覧

UVプリンターのメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


UVプリンターとは

UVプリンター

UVプリンターとは、紫外線を照射させることで硬化するUVインクを使用したプリンターの総称です。開発当初はメタルハライドランプで紫外線を照射しており、高い消費電力や発熱性、寿命が短いなどデメリットが大きくありました。しかしUV-LEDランプの登場により性能が劇的に向上し、UVプリンターの需要は増加しています。一般的な家庭用はインクが乾燥するまで時間がかかりますが、UVプリンターはインクが瞬時に硬化するため速乾性が非常に高いのです。ただ、プリンターそのものが効果であると同時に光沢の表現が難しくマットな仕上がりになります。

UVプリンターの使用用途

UVプリンターは木材や一般的な樹脂、皮革など硬度の高い素材から柔軟性の高い素材まで幅広く印刷できます。この幅広い適用性がUVプリンターの大きな特徴であり、一般的な家庭用プリンターとの大きな違いでもあります。最近ではスマートフォンケースやキーホルダーの印刷に使用されています。また、インクのコストも特別高いわけではありません。唯一のデメリットはプリント中に発生するにおいです。紫外線で硬化させる際にUVインク特有のにおいが発生するため、脱臭装置の併用が推奨されています。

UVプリンターの原理

UVプリンターはUV硬化樹脂が硬化する原理を応用しています。UVインクに紫外線を照射するとラジカル重合が開始し、瞬時に硬化します。一般的な家庭用プリンターはインクを受理層に浸透させた後、乾燥し固定化されますが、UVプリンターの場合はインクを浸透させる必要がないため受理層の有無にかかわらず、プリントできます。そのためプリントが困難とされていた樹脂や金属、柔軟性の高い素材にも対応可能になりました。ただ、UVプリンターにもプリントが困難な条件がいくつかありますので、紹介します。

  • 撥水性の高い素材
    紫外線で硬化する前のインクは液体のため、撥水性が高い素材の場合、インクを塗布した際にはじいてしまいます。そのため素材との密着性が非常に低くプリントは困難になります。
  • 油分や添加剤の多い素材
    材料表面に油分が存在するとインクの密着性が低下します。特に樹脂などの場合は、可塑剤や添加剤がインクの密着性を阻害することが多いため注意が必要です。多くはアルコールで脱脂することにより改善します。
  • 平滑性の高い素材
    微小な凹凸があるほどインクの密着性が高くなるため、平滑性が極めて高い素材のプリントには向きません。そのためサンドペーパーなどで意図的に凹凸をつける場合もあります。

UVプリンターの歴史

UVプリンターは、2000年以降にインクジェットプリンターに次ぐ次世代技術として、プリンター製造企業各社にて研究・開発が進められ、多くのUVプリンターがマーケットに導入されてきました。

UVプリンターの中でも、メタルハライドランプではなくUV-LEDをUV光源として使用したUVプリンターが2008年に新たに開発、市場投入されるといったように、インク乾燥光源の開発も盛んに行われています。

UVプリンターの市場動向

UVをインク乾燥光源として搭載したUVプリンターは、販売数量、機種数量ともに増加傾向にあります。

インクジェットプリンター市場全体を見ても、今後も大きな伸びが予測される分野であるため、インクジェットプリンター市場の伸長に伴いUVプリンターの市場拡大も加速していくと考えられています。

最近では、UV-LED搭載の小型UVプリンターが開発されました。

こちらのプリンター機器は、小型立体メディアに対する印刷が可能です。

この通り、現代のプリンターは紙だけではなく立体物など様々な形のモノに印刷ができるようになってきています。

UVプリンターの課題

印刷処理の高速化、印刷メディアの多様化、環境適合のメリットからUVプリンター市場は今後も伸長していくと考えられています。とはいいつつも、UVプリンターとインクジェットプリンターを比較したとき、全ての項目において性能が上回っているわけではありません。そのため、世界経済の低迷、印刷業界の地盤沈下の状況を鑑みたうえで、UVプリンターの拡大には下記の課題を解決する必要があると考えられています。

  • 価格
    水性、溶剤系インクと比較したとき、UVインクは高価なモノとなっており、UV-LED専用のインクはさらに高価です。UVプリンター機器、UV光源自体のコストも高価なものとなっています。
  • 光沢性
    水性、溶剤系インクと比較したとき、UVインクは発色と光沢性において見劣りします。
  • UV-LEDの参入障壁
    UVプリンターの利用拡大に伴い、インク乾燥光源はメタルハライドランプから消費電力が少なく、光源からの発熱も少ないUV-LEDに置き換わっていくことが考えられる。しかし、LED専用インクのレパートリーは少ない且つLED自体の高照度化に取り組む必要性があります。

参考文献
https://www.large-format-printer.jp/blog/uv-business/ink_structure/
https://www.rolanddg.co.jp/products/printers/how-uv-printer-works
https://www.ushio.co.jp/jp/technology/lightedge/201206/100442.html

UVプリンターのメーカー情報

*一部商社などの取扱い企業なども含みます。

UVプリンターのメーカー9社一覧


UVプリンターのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ミマキエンジニアリング
  2. 2 トーヨーケム株式会社
  3. 3 武藤工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 トーヨーケム株式会社
  2. 2 武藤工業株式会社
  3. 3 株式会社サンワカンパニー

歴史のある会社

  1. 1 サイデン化学株式会社
  2. 2 桜井株式会社
  3. 3 サンハヤト株式会社

UVプリンター5選

PerformanceJet PJ-2508UF

武藤工業株式会社 PerformanceJet PJ-2508UF 画像出典: 武藤工業株式会社公式サイト

特徴

PerformanceJet PJ-2508UFは、武藤工業株式会社が製造するインクジェット式のUVプリンターです。

1250mm x 2540 mm x 100mmまでの印刷対象に対して、最大90m2/hの速さで印刷することが可能です。

印刷対象の厚みを検出しプリンタヘッドを保護するための障害物センサーが搭載されています。

静電気除去システムによりインクのオーバースプレーが防がれ、3種の大きさにインクを打ち分けるバリアブルドット機能により滑らかな印刷パターンの実現が図られています。

武藤工業株式会社の会社概要

製品を見る

UVインクジェットデジタルプリントシステム durst Rhoシリーズ

株式会社メック・デザイン・インターナショナル

特徴

durst Rhoシリーズは日本製図器工業株式会社が製造するインクジェット式のUVプリンターです。

給紙方式などの機能が異なる様々な機種がラインアップされています。

いすれの機種も堅牢でメンテナンスが容易なように設計されており、長時間の連続運転に耐えることが可能であり、広い色域を高精細に表現するためRIPというシステムを採用しています。

オプションで特色インク、白インク、諧調表現可能なニスなどをオプションで追加することが可能です。

株式会社メック・デザイン・インターナショナルの会社概要

製品を見る

UJV100-160

株式会社ミマキエンジニアリング UJV100-160 画像出典: 株式会社ミマキエンジニアリング公式サイト

特徴

UJV100-160は、株式会社ミマキエンジニアリングが製造するインクジェット式のUVプリンターです。

インクのドット位置や印刷対象のフィード(送り)量を自動調節するDAS(Dot Adjustment System)を備えており、これにより印刷品質が安定します。

印刷データのパスの境界線を拡散させるMAPS4(Mimaki Advanced Pass System 4)も備えており、これにより色ムラが低減されます。

NCU(ノズルチェックユニット)とNRS(ノズルリカバリーシステム)により、ノズルの自動クリーニングや自動交換が行われ、ノズルに不良が生じた場合も印刷が続行されます。

株式会社ミマキエンジニアリングの会社概要

  • 会社所在地: 長野県東御市滋野乙2182番地3
  • URL: https://ir.mimaki.com/
  • 創業: 1975年
  • 従業員数: 821人

製品を見る

UVインクジェットプリンタ

ナビタスマシナリー株式会社 UVインクジェットプリンタ 画像出典: ナビタスマシナリー株式会社公式サイト

特徴

UVインクジェットプリンタは、ナビタスマシナリー株式会社の製造するUVプリンターです。

プラスチック、ガラス、木など、様々な物の表面に印刷を行うことが可能です。

細かい文字の印刷や色の塗り分けを行うことも可能であり、クリアインクを用いることで印刷面に光沢を持たせることも可能です。

白以外の色を持つ物に印刷する際には背景として白を印刷する必要がある場合がありますが、これを他の4色の印刷と同時に行うことができます。

ナビタスマシナリー株式会社の会社概要

製品を見る

VersaUV LEF2-300D/300/200

トーヨーケム株式会社 VersaUV LEF2-300D/300/200 画像出典: トーヨーケム株式会社公式サイト

特徴

VersaUV LEF2-300D LEF2-300 LEF2-200は、ローランド ディー.ジー.株式会社が製造するUVプリンターです。

印刷対象へのインクの密着を促進するプライマー処理がプリンタ自身により行われ、このため、プラスチック、ウレタン、皮革など、様々な対象物に印刷を行うことが可能です。

プリンタヘッドの汚れを除去するヘッドリフレッシュ機能と、ヘッドの不調を感知して正常部分を用いて印刷を継続するためのノズルマスク機能が搭載されています。

トーヨーケム株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す

Copyright © 2021 Metoree