【2021年版】大型3Dプリンター メーカー7社一覧

大型3Dプリンターのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


大型3Dプリンターとは

3dプリンタ

大型3Dプリンターとは、規模の大きい物を造形することに特化した3Dプリンターのことで、主に業務用で使用されることが多いです。大型な制作物の造形をする際、従来は、発泡剤などの大型素材を職人による手仕事で、削り込んで造形することが主流だったため、完成までに長時間とコストを要していましたが、3Dデータを使うことによって、経験や時間に捉われない製造ができるようになりました。
他の3Dプリンターと比べて、造形する規模が大きいので、作業時間の短時間化による効率化が重視されています。

大型3Dプリンターの使用用途

ここで、大型3Dプリンターの使用用途の事例を紹介します。
展示やディスプレイなどに用いる大型の装飾などの用途で使用されており、立体看板やキャラクター造形などから、インテリアや小道具などの制作にも用いられています。また、成形用の注型にも使われています。
これらの使用が主流の用途ですが、今後の展開として、自動車や建材などに使われる大型部品のマスタなどに活用されるなど、新しい分野に活用の幅を広げていくことが期待されています。

大型3Dプリンターの原理

ここで、大型3Dプリンターの原理について説明します。
3Dプリンターには様々な積層方式があり、製品によって採用されている方式が異なります。
光造形方式は、光硬化樹脂に紫外線を当てることによって樹脂を硬化して積層する方式です。この方式は、1つの積層の厚みを大きくすることが出来ることに加え、紫外線を当てると瞬時に樹脂を硬化することが出来ます。
そのため、大型3Dプリンターに求められる時短化のニーズを満たす方式として多く採用されています。
この他にも、厳しい環境に対する耐性が強く加工しやすいエンジニアプラスチックの素材で造形することができる熱溶解積層方式による3Dプリンターなどがあり、耐久性が求めらる場所で使用したい製品などの場合には有効です。
このように、作りたい大型製造物の用途によって、適した製品を選ぶことが出来ます。

参考文献
https://appletree.jp.net/products/3d_printer
https://dfc-3d.com/massivit/
https://japan.mimaki.com/news/product/entry-365894.html

大型3Dプリンターのメーカー情報

大型3Dプリンターのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 リコージャパン株式会社
  2. 2 株式会社ファソテック
  3. 3 アルテック株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社J・3D
  2. 2 日本3Dプリンター株式会社
  3. 3 株式会社ファソテック

歴史のある会社

  1. 1 八十島プロシード株式会社
  2. 2 リコージャパン株式会社
  3. 3 ジェービーエムエンジニアリング株式会社

大型3Dプリンターのメーカー7社一覧


関連記事

カテゴリから探す