【2021年版】マイラーフィルム メーカー5社一覧

マイラーフィルムのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


マイラーフィルムとは

マイラーフィルムは無色透明のプラスティックフィルムです。

ポリエチレンテレフタレート(Polyethylene terephthalate: PET)という高分子樹脂を二軸延伸加工して製造されます。

マイラーフィルムは耐薬品性、耐水性に優れ、機械的変形に対する強度も高く、絶縁性を備えています。

また透明性が高く、常温では伸縮が殆どないこともあり、設計・製図用フィルムとして重用されているだけでなく、絶縁材料や真空装置の窓材などにも利用されています。

マイラーフィルムの使用用途

マイラーフィルムは耐薬品性、耐水性に優れ、引っ張り強度、曲げに対する強度も高く、絶縁性を備えています。

水濡れや薬品等による損傷および破れや裂けなども少なく、さらに常温では伸縮が殆どないためずれや変形がないこともあり、信頼度の高い設計・製図用フィルムとして利用されています。

また機械的強度が高い特性を活かし、科学実験用真空装置の窓材としても使われます。

そのほか、電気絶縁フィルム、コンデンサーの材料、化学絶縁フィルムとしても活用されています。

マイラーフィルムの原理

マイラーフィルムはエチレングリコール(Ethylene glycol)とテレフタル酸(terephthalate)を重合して作られるポリエチレンテレフタレート(Polyethylene terephthalate: PET)という高分子樹脂を二軸延伸加工して製造されます。

“マイラー(Mylar)フィルム”という名称は、もともとデュポン社(アメリカ)が1954年に製品化したプラスティックフィルムの商品名です。

現在では多くの他社製品が流通しており、マイラーフィルムという商品名のものだけでなく、“ポリエステルフィルム”、“PETフィルム”と呼ばれるものや、東レ(日本)が製品化した“ルミラー”なども同等の素材として利用できます。

耐薬品性、耐水性に優れ、引っ張り強度、曲げに対する強度も高く、絶縁性を備えています。

最大の特長は、これらの性質が-60℃から150℃という広い温度領域で損なわれることなく安定であるという点にあります。

参考文献

https://www.nitto.com/jp/ja/tapemuseum/history/chapter06_21.html

https://matsubara-shouji.net/transparency_myler.html

マイラーフィルムのメーカー情報

マイラーフィルムのメーカー5社一覧


マイラーフィルムのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 三菱ケミカル株式会社
  2. 2 東レ株式会社
  3. 3 パナック株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 パナック株式会社
  2. 2 松原商事株式会社
  3. 3 三菱ケミカル株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ユニチカ株式会社
  2. 2 東レ株式会社
  3. 3 三菱ケミカル株式会社

関連記事

カテゴリから探す