株式会社日本ピスコ
株式会社シーティーケイ
日機株式会社
マックス株式会社
キヤノン株式会社

【2021年版】チューブマーカー メーカー13社一覧

チューブマーカーのメーカー13社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


チューブマーカーとは

チューブマーカーは特定の工事などでケーブルに記号を印字する時に使われています。一般の建築現場ではあまり使われておらず、シーケンス制御などを行うための制御盤の端子台への電線接続の時などで使われます。ケーブルへ表示がされていなければケーブル一本一本がどこに繋がっているかを辿って確認しなければならず、大きな手間となります。また従来通りケーブル一本一本にタグを付けてる場合、タグの劣化や狭い箇所にタグが固まるといった問題がありました。

チューブマーカーの使用用途

チューブマーカーの使用用途は上記の通り、ケーブルへの記号を印字することです。チューブマーカーの使用により配線のスペースにも余裕が生まれ、見た目的にも仕上がりがよく見えると考えられます。それにより定期的な保守点検が楽になり、複雑な端子台の見通しが良くなり、確認作業の効率化が期待できます。チューブマーカーが一般的になりつつあり、高性能化、低価格化が進んでるもののただ専門的にチューブマーカーを利用しない限り手を出しにくい高価な物であるという問題点があります。

チューブマーカーの原理

チューブマーカーは主に印字機能限定タイプと多機能機種の二種類に大別されます。印字機能限定タイプはマークチューブに印字することが唯一の機能となっており、手動式であることがほとんどです。それに対して多機能機種は高速印字機能に加え、現場の調査、研究で把握した作業効率向上に必要だと考えられた機能を搭載しています。例えばチューブウォーマーが内蔵されている為、冬場の低温下のマーキング作業でもチューブを温めることでチューブの硬化を防げるので綺麗な印字を保つことができます。その他にもUSBメモリを外部記憶媒体に採用しており、データの取り込みが容易に行えるという特長もあります。また異なる連番が一文書につき、最大15種類設定でき、増加や減少はもちろんアルファベットの桁上げの連番も可能です。大型のバックライトディスプレイが搭載されているものも多く、見やすさも増しています。動作の環境条件としては最低温度5℃〜15℃から最高温度35℃である商品が多いです。

参考文献

https://denki-tool.com

チューブマーカーのメーカー情報

チューブマーカーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 キヤノン株式会社
  2. 2 マックス株式会社
  3. 3 株式会社レント

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ECADソリューションズ
  2. 2 株式会社シーティーケイEAST
  3. 3 有限会社フロロケーブル

歴史のある会社

  1. 1 キヤノン株式会社
  2. 2 マックス株式会社
  3. 3 株式会社ケー・シー・シー・商会

チューブマーカーのメーカー13社一覧


関連記事

カテゴリから探す