カメラリンクから光伝送路に切り替える光変換ユニット AOC-162-AOC-162
カメラリンクから光伝送路に切り替える光変換ユニット AOC-162-富士ソフト株式会社

カメラリンクから光伝送路に切り替える光変換ユニット AOC-162 富士ソフト株式会社

富士ソフト株式会社の対応状況

返答率

100.0%

平均返答時間

11.4時間

この製品について

■概要・特長 アバールデータ社の光変換ユニット AOC-162は、マシンビジョン分野の標準インターフェース「CameraLink」の弱点だった、伝送距離の制限やノイズの影響を受ける環境での使用の難しさを解消。AOC-162はCameraLinkインターフェースから光伝送路に切り替える光変換ユニット製品です。1chあたり6.25Gbps。2ch搭載しBase Configurationカメラなら2台。Full Configurationカメラ1台まで対応しています。 ・通信速度は1chあたり6.25Gbps ・チャネル数は2ch搭載 ・チャネルは1chずつ独立して動作 ・光モジュールはSFP+を使用し汎用性のあるケーブル (LCケーブル) で接続可能 ・カメラリンクインターフェースはSDRコネクタを2個で構成 ・本製品からのPoCL対応

  • シリーズ

    カメラリンクから光伝送路に切り替える光変換ユニット AOC-162

富士ソフト株式会社のレビュー (1件)

5.0

Metoree経由で見積もりをしたユーザーからのレビュー

投稿した日時: 2024年2月07日

顧客対応への満足度

顧客対応への満足度の理由

回答が早かった

初回対応までの時間への満足度

初回対応までの時間

6.91時間





*サンプルリクエストに対応できない場合もあります、ご了承ください。


110人以上が見ています

最新の閲覧: 18時間前


返答率: 100.0%

平均返答時間: 11.4時間


無料
見積もり費用は無料のため、お気軽にご利用ください

電話番号不要
不必要に電話がかかってくる心配はありません

カメラリンクから光伝送路に切り替える光変換ユニット AOC-162 品番1件

商品画像 品番 価格 (税抜) カメラリンクI/F PoCL 光I/F チャネル数 光I/F 伝送速度 光I/F 伝送モード 光I/F レーザー形式 光I/F 最大ノード間距離 光I/F レーザー安全規格 光I/F コネクタ形状 光I/F ケーブル仕様 光I/F 通信プロトコル 消費電流 使用環境 外形寸法 (W×D×H) 環境対応
カメラリンクから光伝送路に切り替える光変換ユニット AOC-162-品番-AOC-162

AOC-162

要見積もり Base Configuration 2ch、Medium Configuration 1ch、Full Configuration 1ch、SDR26ピンコネクタ 2個搭載、エリア・ラインカメラ対応 対応 2ch 6.25 MultiMode 850nm VCSEL 150m (ケーブル仕様により最大距離が変化) Class 1 LCコネクタ コア径:50μm/62.5μm、クラッド径:125μm Opt-C:Linkオリジナルプロトコル 0.8A (突入・リップル電流を除く) 温度:0~50℃、湿度:35~85% (無結露) 61mm×95mm×28mm RoHS対応

のついている項目名や値は、Metoreeの自然言語処理アルゴリズムを用いて自動生成された値です。各メーカーの製品を横断して比較しやすくするための参考としてご利用ください。自動生成データは黒色の文字、元データは灰色の文字です。

富士ソフト株式会社のその他の取り扱い製品


富士ソフトの製品をもっと見る

この商品の取り扱い会社情報

返答率

100.0%


平均返答時間

11.4時間

会社概要

富士ソフト株式会社は1970年に設立した、ソフトウェア・システム開発を行う企業です。 リモートワークに活用可能な仮想オフィスツール、オフィスビルや商業施設などの電気・ガスなどのエネルギー使用量の分析・自動制御を行う管理...

もっと見る

  • 本社所在地: 神奈川県
Copyright © 2024 Metoree