株式会社アクアテック
富士テクノ工業株式会社

【2021年版】リングポンプ メーカー4社一覧

リングポンプのメーカー4社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


リングポンプとは

リングポンプとは、チューブポンプの一種です。
チューブポンプの利点は下記のとおりです。

  • 逆流しない仕組みのため、チェックバルブや逆止弁が不要
  • 流体経路がチューブのみのため、流路入れ替えが容易
  • 液体とポンプが直接接することがなく、互いを汚染しない
  • 連続送液や自吸が可能
  • 空運転に強い
  • 設置や操作、メンテナンスが容易
  • 流量安定性と計量精度に優れている
  • 交換部品が低コストのチューブのみで済む

しかし、どうしてもチューブに負担のかかる機構のため、チューブの高寿命化が期待されていました。
その弱点を、リング状のローラーを採用することで補ったものをリングポンプと呼んでいます。

リングポンプの使用用途

リングポンプは広く液体の搬送に使用されます。
吐出量も選択でき、チューブの素材次第で薬液にも使用可能なため用途はさまざまです。

【使用される液体例】

  • 洗剤、リンス(仕上剤)
  • 食品、飲料
  • 薬液(酸性水、硫酸、アルカリ水、次亜鉛素酸等)
  • インク
  • 油(各種オイル、燃料油等)

【用途、利用分野】

  • 理化学分野(バイオ、ケミカル):薬液供給、ディスペンサー等
  • 食品、飲食業界:浄水器、充填機等
  • 医療関係:再生医療機器、血液透析装置等
  • 印刷分野:インクジェットプリンター等
  • その他先端技術分野や、洗車機、洗濯機、床洗浄機等

リングポンプの原理

リングポンプは、液体の搬送経路となるチューブと、液体を吸い上げるためのローラーで構成されています。
チューブポンプは、チューブを小さな複数個のローラーでしごいて液体を吸い上げる仕組みです。
まず、チューブを複数個のローラーからなる回転部の周囲に沿って取り付け、偏芯ローターを回転させます。
すると、ローラーとの接触部はローラーと外側の壁に挟まれ、チューブが押しつぶされた状態になります。
ローラーが上流側から順にチューブを圧迫することで、チューブ内に真空状態が発生し、液体が吸引される仕組みです。

こうした機構のためチューブにかかる負担は大きく、チューブ交換が短いスパンで必要になるのがデメリットでした。
このデメリットを補おうと、チューブへの負担軽減によりチューブを長寿命化したものがリングポンプと呼ばれています。
複数個のローラーを組み合わせると、ローラーとの接触部と非接触部の痛みに差が出ます。
そこで、直径の大きな1つのリングを用いて上流側から連続的にチューブを圧迫する仕組みを採ったのがリングポンプです。
チューブにかかる負担が均されることで、従来のものよりチューブへの負荷が小さくなり、長寿命を実現しています。

参考文献
https://ringpump-aquatech.co.jp/ring_pump/about.html
http://www.three-peace.com/product/detail/?lId=5&mId=10
https://www.surpassindustry.jp/%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%97%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E/
https://www.watson-marlow.com/jp-ja/support/how-do-peristaltic-pumps-work-industrial/

リングポンプのメーカー情報

リングポンプのメーカー4社一覧


リングポンプのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社アクアテック
  2. 2 富士テクノ工業株式会社
  3. 3 スリーピース株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 スリーピース株式会社
  2. 2 株式会社アクアテック
  3. 3 富士テクノ工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社西山製作所
  2. 2 富士テクノ工業株式会社
  3. 3 株式会社アクアテック

関連記事

カテゴリから探す