株式会社東陽テクニカ

【2021年版】ボルト軸力計 メーカー9社一覧

ボルト軸力計のメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ボルト軸力計とは

ボルト軸力計とは、ボルトがどのくらいの力で締められているかを計測する装置です。

部品同士を固定する際にボルトが用いられますが、締め付けは重要な項目になります。きちんと締まっておらず緩んだ状態のままだと、製品が破損する恐れがあるからです。

超音波式と油圧式が存在しますが、超音波式の方がよく用いられています。超音波式には非破壊で検査が可能、装置が小さく使う場所を選ばないなどのメリットがあります。

自動車、プラントなどを中心に多くの業界で用いられています。 

ボルト軸力計の使用用途

ボルト軸力計はあらゆる業界で用いられていますが、代表的な使用が自動車関連です。

自動車はサスペンション、クラッチ、ラジエーターなど、様々なパーツで構成されています。パーツをしっかり結合させるため、ボルトによる固定が行われています。

自動車部品におけるボルトの緩みは、単なる製品不良を引き起こすだけではなく、人命にも大きな影響を与えます。そのため緩みの発見と改善が必要不可欠になります。

できるだけ実際の製品に近い状況下で測定が行われ、品質管理を維持しています。 

ボルト軸力計の原理

ボルト軸力計は、ボルトの締め付け力(軸力)を計測しています。

ボルトを締めることで、軸方向にボルトが引っ張られて少し伸びます。伸びると同時に元の長さに戻ろうとする力が働きます。もとに戻ろうとする力は、弾性の影響によるものです。

弾性は力を加えると変形し、力を除去すると変形がもとに戻る性質です。弾性は固体的な性質を表し、代表的なものとしてばねがあります。

弾性の影響により、材料部分が固定されます。この時材料が固定される力を、軸力と呼んでいます。軸力を測定することで、材料が正しく固定されているかを確認することができます。

ボルトの締め付けで計測されるパラメータとして、トルクも存在します。トルクでもある程度締め付け具合を測定できますが、課題があります。

トルクは力と回転半径の積で表されます。計算式には材料の状態を考慮するパラメータが入っていません。実際には材料とボルトの摩擦も影響します。材料の状態を考慮していないため、実際の緩み具合より小さく見積もられることがあります。 

参考文献
https://www.dakotajapan.com/maxseries.html
https://www.honda-el.co.jp/hb/3_25.html
https://www.tohnichi.co.jp/products/detail/79
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspe1933/43/506/43_506_223/_pdf
https://magazine.cartune.me/articles/2368
https://www.thermofisher.com/blog/learning-at-the-bench/viscoelasticity-basic1/

ボルト軸力計のメーカー情報

ボルト軸力計のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社東陽テクニカ
  2. 2 TONE株式会社
  3. 3 トルクシステム株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ダコタ・ジャパン株式会社
  2. 2 有限会社RINO・CONNECTION.
  3. 3 トルクシステム株式会社

歴史のある会社

  1. 1 TONE株式会社
  2. 2 株式会社東陽テクニカ
  3. 3 センサ・システム株式会社

ボルト軸力計のメーカー9社一覧


関連記事

カテゴリから探す