【2021年版】ねじ切りカッター メーカー11社一覧

ねじ切りカッターのメーカー11社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ねじ切りカッターとは

ねじ切りカッターとは、マシニングセンタやNCフライス盤を使用し、ヘリカル補間でめねじ加工ができる加工工具の一種です。そのため、加工機械がヘリカル補間に対応している必要があります。

加工は通常のタップとは異なりミーリング加工でおこなうため、切削抵抗が少なく折損のリスクを低くできます。万が一折損した場合でも簡単に除去することができます。

同じねじピッチであれば様々なネジ径サイズを、プログラム変更だけで加工することができます。

ねじ切りカッターの使用用途

ねじ切りカッターは、タップでは困難な高硬度鋼に対応したものもあります。

この他にも下穴、ねじ切りを一本のねじ切りカッターで行うことが可能なタイプもあります。

ねじ切りカッターは、切り屑排出空間を大きく確保でき、ミーリング加工であるため、高精度・高面粗度のねじ穴加工が可能です。

通常のタップは、高いトルクが必要で切削時に欠損などによるトラブルが懸念されますが、ねじ切りカッターは、低トルクで加工ができるため安定した切削が可能です。

ねじ切りカッターの原理

ねじ切りカッターは、同一ピッチのねじであれば、右ねじ、左ねじに関わらず呼び径の違うねじを工具1本で加工できます。

加工寸法の調整は、プログラム変更で調整することができるため、精度ごとに工具をそろえる必要がなく、工具管理が容易で工具費の削減が可能です。

ねじ切りカッターの加工は、エンドミルの側面加工に似ており、大径のねじ加工でも通常のタップ加工に比べて低トルクの機械で加工が行えます。

ミーリング加工により切り屑が細かくなり、タップ加工のような長い切り屑が発生しません。そのため、切り屑によるトラブルがない安定した加工が行えます。

不完全山が1山でねじを加工することができ、ミーリングチャックで工具を把握して加工するため深さ方向の精度は非常に高くなります。下穴に余裕がない止り穴加工に最適な工具です。

管用テーパねじを加工する場合、通常のタップ加工ではストップマークがつきますが、ねじ切りカッターではストップマークがつきません。また真円度も良くなるため、耐密性に優れたねじ加工が可能なメリットを有しています。

参考文献
https://jp.misumi-ec.com/vona2/fs_machining/T0108000000/T0108060000/
https://www.osg.co.jp/media_dl/technical/file/t_33.pdf

ねじ切りカッターのメーカー情報

ねじ切りカッターのメーカー11社一覧


ねじ切りカッターのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 オーエスジー株式会社
  2. 2 株式会社タンガロイ
  3. 3 株式会社MOLDINO

設立年の新しい会社

  1. 1 住友電工ハードメタル株式会社
  2. 2 エムーゲ・フランケン株式会社
  3. 3 株式会社ノア

歴史のある会社

  1. 1 株式会社タンガロイ
  2. 2 オーエスジー株式会社
  3. 3 アサダ株式会社

関連記事

カテゴリから探す