株式会社三商
株式会社エー・アンド・デイ

【2021年版】コンパクトスケール メーカー7社一覧

コンパクトスケールのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


コンパクトスケールとは

コンパクトスケールとは、小型でコンパクトな計量器のことで、場所をとらず、取り扱いが容易で便利なため幅広い業界で様々な用途に使用されています。

コンパクトスケールの中には、持ち運びの目的に特化して、ポケットに収まるほどの非常に小さな大きさのものもあります。

重ね置きが可能なため、使用しない時は複数のコンパクトスケールを積み重ねて収納することが出来、スペースを取らないことや、上皿が取り外し可能なため、観測対象物で汚れた場合でも直接水洗いで清潔に保つことができるなど、様々な工夫が施されています。
持ち運びや使いやすさに特化した計量器ですが、小数点第一位まで計測できるものなどもあり、使用用途から考えても十分高い精度を有しています。

コンパクトスケールの使用用途

ここで、コンパクトスケールの使用用途について説明します。

コンパクトスケールは、測定対象物の計量を目的として使用されています。
容易に使用できることに重点を置いているため、スケール自体が軽く、小型で便利に使用することが出来ます。
そのため、幅広い分野で様々な用途に使用されており、産業以外に、農業では肥料や農薬の計測や、厨房では食材や調味料の計測、学校などでは、実験や調理実習、宝石や貴金属類の重量計測などで使用されるなど、多くの場所で利用されています。

コンパクトスケールの原理

続いて、コンパクトスケールの原理について説明します。

コンパクトスケールは、計量した値をデジタルで表示する電磁式はかりの一種で、フォースバランス式とも呼ばれています。

天秤と同様に、てこの原理を利用しており、計測対象がコンパクトスケールの上に置かれて重さがかかると、バランスをとるためにフォースコイルに電磁力が生じます。この発生した電気量を計測することで、計測対象物の重さを算出することが出来ます。

基本原理としては、コイル状に巻いた導線の内部に円形の永久磁石を入れて、コイルに電流を流して元の位置に戻る時の電流の変化を重量に変換することで、デジタルでパネルに表示させています。

参考文献
https://www.aandd.co.jp/products/weighing/balance/bal-compact_scale/
https://jp.misumi-ec.com/vona2/detail/223000297993/
https://www.orange-book.com/ja/c/series/index.html?seriesCd=0532385
https://hakari-shouten.com/help/knowhowhistory
http://www.chem.t.u-tokyo.ac.jp/experiment/bunseki/gkiki06001.pdf

コンパクトスケールのメーカー情報

コンパクトスケールのメーカー7社一覧


コンパクトスケールのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ミネベアミツミ株式会社
  2. 2 株式会社エー・アンド・デイ
  3. 3 株式会社タニタ

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ドリテック
  2. 2 メトラー・トレド株式会社東京本社
  3. 3 株式会社エー・アンド・デイ

歴史のある会社

  1. 1 株式会社タニタ
  2. 2 ミネベアミツミ株式会社
  3. 3 株式会社三商

関連記事

カテゴリから探す