【2021年版】キャプチャカード メーカー7社一覧

キャプチャカードのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


キャプチャカードとは

キャプチャカードとは、ビデオキャプチャカード、キャプチャボード、ビデオキャプチャボードと同意味で、ビデオキャプチャの機能を実現可能にする、拡張カードのことを意味しています。

つまり、テレビなどのビデオ信号から画像を取り込む装置のことで、拡張スロットに差し込む形式の周辺機器のことを言います。

このキャプチャカードを利用することで、テレビなどのAV機器から映像・音声を取り込み、保存して、コンピュータで扱える形式にすることを可能にします。

キャプチャカードの使用用途

近年のキャプチャカードの中では、YouTubeなどでの動画配信に利用されています。

特に、ゲーム実況などではキャプチャカードが非常によく利用されており、キャプチャカードがあれば、テレビゲーム機の画面を、パソコンに映して、録画・ライブ配信できますが、キャプチャカードがなければ、パソコンでは原則としてできないことになっています。

ここでのゲーム機というのは、Switch、PS4、iPhone、その他のハードといったものを指しています。

なお、パソコンゲームの場合は、キャプチャカードは必須ではありません。

キャプチャカードの原理

キャプチャカードには、ビデオ信号から動画として取り込む機能と、静止画として取り込む機能があります。

また、ビデオカードと一体になったものと、キャプチャ機能だけのものもあります。

取り込みの実行には、専用のソフトウェアを用います。

映像中などの音を高品質に取り込むためのサウンドキャプチャカードもあります。

また、ゲーム機の例では、ゲーム機をキャプチャカードに接続することで、ゲーム画面がパソコンの画面に映りますし、ゲーム音もパソコンから出るようになり、パソコンの画面を見ながらゲームをプレイ可能になります。

このようにゲーム機をキャプチャボードに接続することで、前述したようにゲーム機の画面をパソコンに映せるようになるだけでなく、ゲームを録画して実況動画を作ったり、生配信したりすることも可能になります。

配信者の声を録音するには、マイクをパソコンにつなげて設定する必要がありますし、生配信するには、配信ソフトが必要になります。

参考文献
https://www.weblio.jp/content/%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89
https://kotobank.jp/word/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-11506
https://vip-jikkyo.net/capture-card

キャプチャカードのメーカー情報

キャプチャカードのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社フォトロン

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社連基
  2. 2 directindustry
  3. 3 株式会社アスク

歴史のある会社

  1. 1 株式会社フォトロン
  2. 2 株式会社アスク
  3. 3 directindustry

キャプチャカードのメーカー7社一覧


関連記事

カテゴリから探す