【2021年版】モーションボード メーカー9社一覧

モーションボードのメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


モーションボードとは

モーションボードとは、企業における様々な情報源に直接アクセスしてつなぎ、異なるシステムに分散して蓄積されたデータや情報を収集することで、一元化して管理することができるビジネス・インテリジェンスツールのダッシュボードのことです。必要な情報源に迅速にアクセスすることで、全社的にリアルタイムにデータを利用することができるため、刻一刻と変化する事業を取り巻く環境にも素早く対応することが出来、あらゆるデータや情報を可視化して、分析と活用をすることができます。

モーションボードの使用用途

モーションボードは、情報基盤を必要とする多くの企業で使用されています。
様々な部門を抱え、異なるシステムを複数稼働しているような企業では、データや情報を一元管理することは困難なため、モーションボードを特に有効に使用することが出来ます。
IoT機器からの検知データも管理することができるモーションボードでは、機械や従業員の稼働状況を即時に把握して管理したい場合にもとても有用です。
収集したデータを可視化することによって、事業の状態を直観的に把握することができ、改善点や潜在リスクをいち早く認識することが出来ます。

モーションボードの原理

ここで、モーションボードの原理について説明します。
モーションボードは、企業におけるデータを統合して管理し、集計や分析の結果をグラフや表によって直観的に理解することができる情報に可視化することができる情報基盤のことです。
モーションボードの仕組みは、次のような工程から成り立っています。

  1. まず第一に、企業が保持している複数の情報源に対して個々に接続器を開発します。この接続器によって、各システム内に蓄積されている個別のデータに対してアクセスします。
  2. 次に、各システムのデータベースから取得した個別のデータを集計します。これらのデータを一元化し、て単一の仮想データに統合します。
  3. 最後に、統合されたこれらの仮想データを元に、アプリケーションによって、可視化や分析を行います。開発されたアプリケーションによって、使用できるツールが異なります。
    2.と3.の工程を繰り返すことで、リアルタイムのデータにアクセスして常に新しい情報へとアップデートしています。

参考文献
https://www.scsk.jp/product/common/motionboard/index.html
https://www.hitachi-solutions.co.jp/drsum-motionboard/
https://www.otsuka-shokai.co.jp/products/dwh/bi-tool/motionboard/
https://www.scsk.jp/sp/mwbi/products/motionboard.html

モーションボードのメーカー情報

モーションボードのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 SCSK株式会社
  2. 2 株式会社日立ソリューションズ
  3. 3 東芝デジタルソリューションズ 株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ウイングアーク1st株式会社
  2. 2 東芝デジタルソリューションズ 株式会社
  3. 3 株式会社シナプスイノベーション

歴史のある会社

  1. 1 大興電子通信株式会社
  2. 2 株式会社大塚商会
  3. 3 SCSK株式会社

モーションボードのメーカー9社一覧


関連記事

カテゴリから探す