金子産業株式会社
株式会社シロ産業
マルチ計測器株式会社

【2021年版】風向風速計 メーカー8社一覧

風向風速計のメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


風向風速計とは

風向風速計とは、風速計と風向計の機能をどちらも備えた計測器のことで、風速と風向を同時に測定することが出来るため、風の状態を観測するために用いられています。

風向風速計には種類が多数あり、風杯型、風車型、超音波の3つのタイプが主なものとなっています。

風向は、36方位あり、10分間か2分間の平均の方向を風向として表示します。
風速は単位時間あたりの空気の移動距離を表したもので、こちらも10分間か2分間の平均の値を風速として、ノットという単位を用いて表示します。

大型の高精度観測用から、小型で携帯できるものまであり、幅広い用途に対応しています。

風向風速計の使用用途

ここで、風向風速計の使用用途について説明します。

大型の高精度観測の用途では、風の状態を観測することで、大気の運動を把握することができるため、風向風速は気象を予測するための指標として非常に重要な位置づけとなっています。

風の観測地によって雲の動きや風の強さを把握することで、災害や天気の予測を行うことが出来、日常の天気予報や花粉の予報などの身近な情報から、強風や暴風などや台風や波浪などの注意や警報の発令を行うことで、被害の拡大を防止したりすることに役立っています。

また、船舶や航空機を安全に運行させるためには風の情報が必須となるため、空港や沿岸部には風向風速計が設置され、常にリアルタイムの風の情報を把握しています。

小型の携帯用の風向風速計の用途は、屋内環境における風の状態を観測することを目的として用いられています。
具体的には、空調やダクトなどの設備の検査や保守点検業務の際や、クリーンルーム内の空気循環の状態を調査するために使用されています。

風向風速計の原理

続いて、風向風速計の原理について、風向風速計のタイプ別に説明します。

  • 風杯型風向風速計
    回転軸の周りに半球か円錐の形状をしたカップを3から4方向に取り付けた構造をしています。
    このカップ状をした風杯が風を受けて回転する速度を計測することで、風速を測定します。
  • 風車型風向風速計
    胴体部分とプロペラ部分からなり、胴体の先端についたプロペラが風を受けて回転することで風速を計測し、胴体が流線型をしているために風の向きに動くことで風向を計測することが出来ます。
  • 超音波型風向風速計
    超音波風向風速計は、音波の受信部と発信部を二基一組で設置して使用します。超音波の伝達速度は一定ですが、風の影響を受けると伝達する速度が変化するため、音波を空中に発して受信するまでの速度の差分をとることで、風速を計測します。

参考文献
http://www.koshindenki.com/products.aspx?id=11
https://www.otakeiki.com/huus.html
http://www.weather.co.jp/yng/yng.htm
https://www.rex-rental.jp/feature/37/anemometer
https://www.jma-net.go.jp/naha-airport/kansoku/wind/wind.html
https://fieldpro.jp/word/word-wind/

風向風速計のメーカー情報

風向風速計のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 マルチ計測器株式会社
  2. 2 ANEOS株式会社
  3. 3 金子産業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 マルチ計測器株式会社
  2. 2 株式会社シロ産業
  3. 3 ANEOS株式会社

歴史のある会社

  1. 1 金子産業株式会社
  2. 2 株式会社カネコ
  3. 3 光進電気工業株式会社

風向風速計のメーカー8社一覧


関連記事

カテゴリから探す