株式会社カスタム
株式会社エムケー・サイエンティフィック
東京硝子器械株式会社
マルツエレック株式会社
マークテック株式会社
フナコシ株式会社

【2021年版】紫外線強度計 メーカー14社一覧

紫外線強度計のメーカー14社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


紫外線強度計とは

紫外線強度計は紫外線の強度を測定する機器です。紫外線は波長が非常に短い光で人間の目には見えない光です。一般的には10nmから400nmの光が紫外線の範囲となります。

紫外線は波長が短いのでその分エネルギーが高く殺菌効果が高いので殺菌用に使用されていますし、酸素と作用してオゾンを作り出します。一方で、DNAには紫外線の特定波長において吸収帯があり、DNAが紫外線を吸収するとDNAが傷ついてしまいますので、人体に有害です。

他にも様々な作用がありますので、工業的には非常に重要な光源となります。このため、紫外線を測定することは大切で、強度を測定するために紫外線強度計が必要となります。

紫外線強度計の使用用途

紫外線の使用用途は幅広いです。樹脂を硬化させる作用は歯科医院でレジンを詰める際に紫外線を照射して固めてしまいます。半導体のレジストを硬化させるのにも紫外線が使用されています。この際に紫外線照射用のランプの劣化で紫外線の強度が低下してしまうと上手く固まりませんので、紫外線強度計で定期的に強度を確認する必要があります。

他にも実験室で紫外線を使用した実験を行う際や太陽電池の特性を評価する際、白斑病の治療と言った医療現場で、さらには食品などの殺菌用など紫外線を使用する際の光量の管理などに紫外線強度計は使用されています。

紫外線強度計の原理

紫外線の発生源には高圧水銀ランプが良く使用されています。水銀が封入されたランプ内部でグロー放電を起こすことで水銀蒸気が励起されて発光しますが、この光には高い割合で紫外線が含まれています。

他にもエキシマと言いますが、励起二量体を作り出して紫外線を放出するタイプのランプもあります。こちらはエキシマレーザーとしてよく使用されていますが、紫外線など波長の短い単一光が得られることが特徴です。

高圧水銀ランプもエキシマランプも共通することは使用に伴い劣化することです。劣化すると紫外線強度が低下していきますので特に半導体産業などの厳密な紫外線強度を求める業界では紫外線強度計で定期的に強度を確認することは大切になります。

紫外線強度計はシリコンフォトダイオードを用いており、紫外線に励起されてシリコンフォトダイオードに電気が流れることで紫外線を検知し定量化しています。

参考文献
https://www.ccs-inc.co.jp/guide/column/light_color_part2/vol13.html

紫外線強度計のメーカー情報

紫外線強度計のメーカー14社一覧


紫外線強度計のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社トプコン
  2. 2 マークテック株式会社
  3. 3 フナコシ株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社佐藤商事
  2. 2 株式会社エムケー・サイエンティフィック
  3. 3 株式会社テックジャム

歴史のある会社

  1. 1 フナコシ株式会社
  2. 2 株式会社トプコン
  3. 3 マルツエレック株式会社

関連記事

カテゴリから探す