河村電器産業株式会社
日東工業株式会社
内外電機株式会社

【2021年版】制御ボックス メーカー5社一覧

制御ボックスのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


制御ボックスとは

制御ボックスとは、電気設備や機械設備を制御(コントロール)するための回路や装置を入れる箱を指します。制御盤やキャビネットとも呼ばれることもありますが、計器やブレーカのみが入ったもの等の制御機器が格納されていないキャビネットについては制御ボックスとは呼ばれないことが多いです。

制御システムを構築する電気・電子機器を制御ボックス内に収めることで、外部環境からこれらの素子を保護するとともに、人が誤って接触して感電する危険性を減らすことができます。

制御ボックスは、格納するシステムにより形状や大きさが異なりますが、各メーカーである程度統一された規格寸法で販売されています。 

制御ボックスの使用用途

制御ボックスはセンサなどの電子機器やモータなどの機械の動作を制御する装置が格納されるため、工場などの各種装置の制御やエレベーターの制御、電車の運転制御装置など身の回りの多くの設備に使用されています。

基本的に各種コントローラーなどに代表される電子機器は衝撃やほこりなどの外的影響を受けやすいため、機械装置の内部に収めることのできない電子機器類は装置外部の制御ボックス内に格納することになります。

小型の制御装置の場合でも作業者の操作によるコントロールを行いたい場合には、ボタンやタッチパネルなどの入力機器を備えた制御ボックスを装置外部に設ける場合があります。

制御ボックスの特徴

制御ボックスは、格納した機器を外部環境からの保護する機能と人が接触し感電するリスクを低減する機能の他に、様々な機能が要求される場合があります。

屋根のない屋外や熱源装置の周辺に設置する場合には、熱がこもることにより内部の電子機器が故障する可能性があるため、冷却ファンやクーラーが付帯した制御ボックスが採用されます。また、粉塵や水しぶきに晒されやすい食品工場などでは、防塵・防水型の制御ボックスが使用されます。その他、電磁波を内部に貫通させない構造の制御ボックスや、耐食性に優れたステンレス製の制御ボックスなども現場の環境に応じて導入されています。

またほとんどの制御ボックスには、格納する機器が適切な間隔で見やすく配置されるようにDINレールと呼ばれる統一規格のレールが段状に配置されています。工場内で多用されるPLC(プログラマブルロジックコントローラ)や電磁リレーもDINレールに対応しており、レール上に各機器を装着することで設計通りのレイアウトのシステムを容易に構築することができます。

参考文献
https://www.nito.co.jp/products/enclosures/
http://naigai-e.co.jp/naigai_product/product/01_cabinets.html
https://www3.panasonic.biz/ac/j/service/tech_support/fasys/glossary/sensor/photo_fiber_proximity/grossary_289/index.jsp 

 

制御ボックスのメーカー情報

制御ボックスのメーカー5社一覧


制御ボックスのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 日東工業株式会社
  2. 2 河村電器産業株式会社
  3. 3 内外電機株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 明電システム製造株式会社
  2. 2 内外電機株式会社
  3. 3 日東工業株式会社

歴史のある会社

  1. 1 河村電器産業株式会社
  2. 2 日東工業株式会社
  3. 3 協和機電工業株式会社

関連記事

カテゴリから探す