株式会社丸八ポンプ製作所
株式会社タクミナ
株式会社イワキ
日機装エイコー株式会社
エレポン化工機株式会社
INOX東栄株式会社

【2021年版】ホースポンプ メーカー16社一覧

ホースポンプのメーカー16社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ホースポンプとは

ホースポンプは、伸縮性のあるホースと、シューと呼ばれる突起が付いている回転盤で構成されており、シューがホースを変形させ、流体を押し出すことによって流体を輸送するポンプです。ホースの体積変化によって流体を輸送する容積式のポンプになります。シューが押し出すことによって輸送するため、高粘度の流体や不純物が多く混入している流体、スラリーなどの輸送に適しています。ホース内を流れる流体の撹拌や脈動も少なく、メンテナンス時もホースの交換や洗浄のみと非常にメンテナンス性に優れています。

ホースポンプの使用用途

ホースポンプは、石油などの液体燃料の輸送、インクの輸送、人工透析のための血液の輸送、飲料水や商品の液体原料の輸送など、工業、医療、食品など幅広い用途で使用されています。工業や食品の分野では、高粘度や混合物が多い流体、スラリーの輸送に適している特性を利用し、医療の分野では、ホースの交換によって衛生的な輸送が可能な特性を利用しています。ホースポンプの選定の際には、吐出量や輸送対象の液体に対応しているかどうか、脈動の少なさ、吐出量の精度を考慮する必要があります。また、製品の搭載する場合は、サイズや消費電力を考慮する必要があります。

ホースポンプの原理

ホースポンプの動作原理を説明します。ホースポンプは、伸縮性があり、復元力の高いホースと、ロータ、ロータに取り付けられたシューが付いている回転盤、吸い込み口と吐き出し口で構成されています。回転盤は、シューの数が製品によって異なり、シューが多い製品ほど脈動が少なくなります。

動作時は、ホースをシューが押すことによって、ホースが押しつぶされ、その体積変化により流体が輸送されます。シューが通過した後のホースは元の形状に復元しますが、その際にホース内部が真空状態になり、真空による吸引作用で吸い込み口から流体を吸い込みます。吸い込みの大きさは、ホースの復元力によって異なります。輸送の際、ホース内部の固形物やシューの影響でホースが削れ、その素材がロータや流体に悪影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要になります。 

参考文献
http://www.kansetu.co.jp/product/detail.php?pid=p052
https://www.watson-marlow.com/jp-ja/range/bredel/hose-pumps/
https://www.watson-marlow.com/jp-ja/support/how-do-peristaltic-pumps-work-industrial/

ホースポンプのメーカー情報

ホースポンプのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社イワキ
  2. 2 リックス株式会社
  3. 3 株式会社タクミナ

設立年の新しい会社

  1. 1 Watson-Marlow株式会社
  2. 2 シーズ株式会社
  3. 3 ガデリウス・インダストリー株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社丸八ポンプ製作所
  2. 2 向野商事株式会社
  3. 3 株式会社タクミナ

ホースポンプのメーカー16社一覧


関連記事

カテゴリから探す