株式会社岡野製作所

【2021年版】フォーミング加工 メーカー18社一覧

フォーミング加工のメーカー18社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


フォーミング加工とは

フォーミングとは、プレスや曲げといった意味があり、多工程による成形加工によって、目的の形状に仕上げていきます。

フォーミングマシンとは、フォーミングによる塑性加工機であり、さまざまな加工ユニットを組み合わせた構成になっています。

プレスや曲げ、切断といった加工ユニットを備えています。

工程を必要とする工作物も一台のフォーミングマシンで成形することができます。

フォーミングマシンによる、フォーミング加工によって、コイル状になった線材や帯板材などの材料を引き出しながら、さまざまな工程を経て、目的の形状に成形します。

フォーミング加工の使用用途

フォーミング加工をおこなわず、同様の成形をおこなう場合、複数の工程を経て一つの部品として仕上げる必要がありました。

そのため、加工時間や金型の種類が多くなり、新しい製品の立ち上げにかかる費用も多くなります。

順送プレスという、多工程を一つのダイセットの中で順送りに成形する方法もあります。

こちらは、単発プレスと比較して生産性は大きく向上します。

しかし、できる形状に限りがあります。

フォーミングマシンは、1台の機械に、プレス部と曲げ部の両方の機能を備えており、曲げの複雑な形状も、連続で加工していくことができます。

フォーミング加工の原理

フォーミング加工は、さまざまな分野の金属部品製造に使用されています。

大量生産においてその能力を発揮します。

コイル状の線材や帯板材から、バネ・コイルといった部品を大量かつスピーディーに生産することができます。

工程を分けることで自在に加工することができ、パンチなどの金型形状や設置する順番を任意に構成できるため、使い勝手は多種多様になります。

また、線材やバネの製造を専門的におこなうフォーミングマシンは、ワイヤーフォーミングマシンもしくは、バネ成形機ともよばれています。

こちらは、線材の成形に特化したフォーミングマシンです。

フォーミングマシンの、主な機械構成として、フィード部、スタンピング部、フォーミング部などがあり、それぞれが連動することで機能しています。

フィード装置によって、線材や帯板材などの材料をコイル材から一定の送り量で供給します。

スタンピング装置では、せん断、プレスなどによって、穴あけやさまざまな成形をおこないます。

フォーミング装置では、複数の曲げパンチによって、複雑な曲げを組み合わせることで立体的に成形します。

すべての工程が終了すると、コイル材より切りはなして一つの製品となります。

参考文献
https://www.apolotec.net/forming/
https://www.macro-forming.co.jp/forming/
https://monoto.co.jp/forming/

フォーミング加工のメーカー情報

フォーミング加工のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社アドバネクス
  2. 2 新家工業株式会社
  3. 3 ファインネクス株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 コムラ産業株式会社
  2. 2 アポロテック株式会社
  3. 3 マクロ精巧株式会社

歴史のある会社

  1. 1 新家工業株式会社
  2. 2 株式会社岡野製作所
  3. 3 株式会社アドバネクス

フォーミング加工のメーカー18社一覧


関連記事

カテゴリから探す