【2021年版】エッチング加工5選 / メーカー14社一覧

エッチング加工のメーカー14社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


エッチング加工とは

エッチング加工とは、エッチング液などの化学薬品の化学反応・腐食作用を利用して、材料を成形したり、模様(パターン)を作り出したりする表面加工技術のことです。

任意の形状にマスキング(防食を防ぐための部分的な被覆保護)した後に、不要な部分のみを除去することで目的とする材料の形状が得られます。

代表的な手法として、フォトエッチングが挙げられます。
フォトエッチングは、レジスト(感光材)を材料に貼り、紫外線で任意のパターンを作成した後に不要部分を腐食させます。

エッチング加工の使用用途

エッチング加工は、エレクトロニクス製品などにおける極小部品(基板など)や、薄板金属の加工に用いられます。

プレス加工のように金型を使うことなく、ミクロンレベルの精度で加工できるため、半導体素子の製造や、様々な金属材の精密加工に適した手法です。

他にも樹脂表面に金属的性質を付与するためのめっき加工に用いられたり、美術分野では版画においてエッチングによる凹版の製作に利用されたりします。

ただし、加工する材料が厚いほどエッチングが困難になるため、数mm以下の薄い形状に適した手法と言えます。

エッチング加工の原理

エッチング加工では、エッチング液による腐食作用を利用します。そのため、腐食する任意の材料に対して、加工が可能です。

フォトエッチングの場合、パターンを作成するためにまず加工したい金属基板に対してレジスト(感光材)を塗布します。

フォトレジストとも呼ばれ、ポリマーを含んでおり、紫外線による重合反応により硬化します。ここに任意のパターンに紫外線を照射することで、感光した部分のレジストを除去します。

そして作成したパターンに対し、エッチング液を塗布して選択的に金属を溶かし、最後にレジストを剥離することでエッチング加工が可能となります。

参考文献
https://www.hirai.co.jp/technology/etching/
https://www.p1-net.co.jp/difference
http://www.wakae1960.net/etching/
http://www.jmq.jsr.co.jp/products.html
https://mono-mado.com/dictionary/etching

エッチング加工のメーカー情報

エッチング加工のメーカー14社一覧


エッチング加工のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 日本フイルコン株式会社
  2. 2 平井精密工業株式会社
  3. 3 東洋精密工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社アルファー精工
  2. 2 株式会社ピーワン
  3. 3 株式会社アロン社

歴史のある会社

  1. 1 竹内金属箔粉工業株式会社
  2. 2 日本フイルコン株式会社
  3. 3 株式会社協成

エッチング加工5選

エッチング加工

竹内金属箔粉工業株式会社 エッチング加工 画像出典: 竹内金属箔粉工業株式会社公式サイト

特徴

この加工は、金属箔にマスキングを施した上でそれ以外の部分を薬液で腐食させるエッチング加工です。

裁断機等が接触する事が無く腐食により金属を溶解させるので、バリやダレが発生しにくいのが特徴です。

更に、加工した金属箔を部品に貼るだけで良いので、複雑な形状にも対応する事が可能です。

金属箔の加工に特化していて、チタン箔(0.05mm)やインジウム箔(0.03mm)、モリブデン箔(0.05mm)等に加工する事が出来ます。

竹内金属箔粉工業株式会社の会社概要

製品を見る

フォトエッチング

株式会社協成

特徴

この加工は、写真の露光と同様の技術を使って耐食膜を作り、その他の部分を薬品で腐食させるエッチング加工です。

銀やパラジウム、銅やチタン、鉄等に加工を施せます。

片側のみ、または両側にエッチング加工をする事ができ、化学薬品を使うので切削の様に微細な傷が付く事もなく断面の精度も非常に高くなっています。

加工形状を作る際には写真を使うので複雑な模様をミクロ単位で付けられたり細密加工が出来たりする為、電子部品の加工に使う事が出来ます。

株式会社協成の会社概要

製品を見る

フォトエッチング加工

株式会社アロン社 フォトエッチング加工 画像出典: 株式会社アロン社公式サイト

特徴

この加工は、写真の作成技術と腐食技術を活用する事で大量に処理出来るエッチング加工です。

厚さ5μm以上のステンレス鋼や銅合金、ニッケル合金等に加工を施せると同時に、拡散接合技術も活用する事で多様な3D製品の製造を可能にしました。

更に、クロム成膜技術やITO製品の薄膜形成技術を応用する事でガラス基板やセラミック基板も処理出来る様になりました。

反りが非常に発生しにくい上に「ウォッシュトリミング」技術を活用する事で表面や鋭角を滑らかに出来るので、真空吸着盤や流路ブロック・ヒートシンク等に加工する事が出来ます。

株式会社アロン社の会社概要

製品を見る

金属エッチング

東洋精密工業株式会社 金属エッチング 画像出典: 東洋精密工業株式会社公式サイト

特徴

この加工は、フォトリソグラフィによるマスキングを行ってから、ケミカルエッチングによって化学的に腐食させるエッチング加工です。

ステンレス鋼や銅、ニッケル等の合金に施せます。

また、エッチング加工が済んだ後にフレームと製品を切り離す事で生じる「ブリッジ痕」を付かない様にする事も可能です。

加工によって変形やバリが生じる事なく、複数の加工を同時に行えるのでリードフレームや設備用のシム、スペーサー等に加工出来ます。

東洋精密工業株式会社の会社概要

製品を見る

メタルエッチング加工

日本フイルコン株式会社 メタルエッチング加工 画像出典: 日本フイルコン株式会社公式サイト

特徴


この加工は、ステンレス鋼や銅、ニッケル合金、アルミ合金やガラス等に処理出来るエッチング加工です。

表裏でパターンの異なる原版も用意してあるので、片側だけに加工するハーフエッチングが可能です。

貫通している穴にエッチングを施す際に、エッチング原版の穴のサイズを表と裏で変える事でテーパー状の加工を施せます。

また、ブリッジ痕を残さないエッチング技術を活用する事で裏うち材を貼った状態でエッチングする事が可能なので、発熱用ヒーターの部品に加工する事が出来ます。

日本フイルコン株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す