【2021年版】ウォータージェット加工 メーカー11社一覧

ウォータージェット加工のメーカー11社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ウォータージェット加工とは

ウォータージェット加工とは、超高圧域まで昇圧した水を獄小径のノズル先端より噴出させ、切削加工等の困難な軟弱質の素材から、通常切削加工では取り扱わないガラス、高硬度素材
などを切断加工する為の技法です。 ウォータジェットに用いる水圧は300~600MPaに達し、Φ0.5~Φ2.0程度のノズル孔より噴出させます。 あらゆる素材の切断加工に有用ですが、
問題点や課題もある為、加工法として他の技法ともよく比較検討する必要があります。

ウォータージェット加工の使用用途

一般的な加工技法であるシャーリング、レーザー、ワイヤー、メタルソー等では切断できない、又は形状維持が困難な素材、例えばウレタンやスポンジ、ゴムといった軟質素材をはじめ、
石材や超硬素材などを切断加工するのに適しています。 ただし、厚物素材についてはノズル反対側へ向かって切断面がテーパー状になる問題があり、適していません。目安としては
30㎜程度の厚みまでと考えるのが一般的です。また、切断面下部にいくほど切断面が荒くなる事も考慮する必要があります。

ウォータージェット加工の原理

高圧ポンプで300MPa以上に昇圧された水をΦ0.5~2.0程度の極小ノズル孔より噴出させ、その噴流の運動エネルギーによって被加工物を切断します。 ウォータジェットには次の2種類の
加工法が存在します。

  • ピュアウォータージェット加工
    軟質材を加工する場合に用いる加工法で、高圧水のみで切断します。
  • アブレイシブウォータージェット加工
    硬質材を加工する場合に用いる加工法で、研磨剤(ザクロ石の微粉末を始めとした天然鉱石粉末)を混入した高圧水で切断します。

ウォータージェットは殆ど摩擦を生じず、運動エネルギーだけで切断する為、発熱、放電などを伴いません。その為、切断部周辺の素材の変質、焼け、応力の残留などを伴わないといった
メリットがあります。 また、ワイヤーカットでは切断できない絶縁物を加工できるといったメリットもあります。 しかし、上述したテーパー問題や噴流が拡散する事で生じる切断面の悪化、
加工精度の低下、厚物に適さない、長い加工時間といった効率の問題がある為、他の加工技術と比較し、要求を満たす適切な加工法を選択する必要があります。

 

ウォータージェット加工のメーカー情報

ウォータージェット加工のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 澁谷工業株式会社
  2. 2 鈴木工業株式会社
  3. 3 中島特殊鋼株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社大北製作所
  2. 2 中島特殊鋼株式会社
  3. 3 栄電機株式会社

歴史のある会社

  1. 1 澁谷工業株式会社
  2. 2 半田産業株式会社
  3. 3 鈴木工業株式会社

ウォータージェット加工のメーカー11社一覧


関連記事

カテゴリから探す