【2021年版】BTA加工 メーカー7社一覧

BTA加工のメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


BTA加工とは

BTA加工とは、Boring & Trepanning Association(ボーリング・トレパン加工)の略称のことです。

金属加工での重要な行程の1つである、深穴の切削加工のことを指しています。

この加工方法には、高速で奇麗な深穴を掘れる(深孔加工)というメリットがあります。

1942年にDr.Beisnerによって発明された、この深穴加工の機械は、既存の物とは全く異なるものでしたが、高速で美しく深穴を開ける事ができました。

その後世界各国でこの方式が発展したのちに、規格化が統一され、これをBTA方式と呼ぶようになりました。

BTA加工の使用用途

BTA加工は、材料に深穴をあけるために用いられています。

適用事例としては、構造用鋼、ステンレス鋼、プリハードン鋼、軸受鋼(ベア鋼)、工具鋼(炭素・合金・高速度工具鋼等)、耐蝕・耐熱合金、チタン系、アルミニウム系、銅系、樹脂系などの素材に用いることができます。

また、φ10~φ200位の中~大径穴に向いているという特徴があります。

BTA加工の原理

まず、ポンプで切削油を高圧に加圧した後に、加工物に接しているプレッシャーヘッド(圧力頭)へ送ります。

送られた切削油は、開けられた穴とボーリングバーの間隙を通って刃物に達します。

そして、刃物に達した切削油は、切粉と共にボーリングバーの内部を通り抜け、切粉受とマグネットフィルタを通過して、切粉が取り除かれた後に、タンクに戻ります。

そのため、切粉は開けられた深穴の内面に触れません。

それゆえに、深穴の内面を傷つけるのを防ぐことが可能になるので、非常に美しい穴をあけることができます。

また、ボーリングバーはシリンドリカルであるため、捩りおよび曲げに対して極めて強くなっているため、非常に大きな効率を発揮することができます。

参考文献
https://www.sakkou.co.jp/BTA/BTA_machinery.html
https://fujishin.jp/page-115/page-185/
http://www.fukaanaake.com/btaex.html
http://fujiwara.m78.com/BTA/BTA.html

BTA加工のメーカー情報

BTA加工のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ダイニチ工業株式会社
  2. 2 深江特殊鋼株式会社
  3. 3 日本ビーテーエー株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社不二新製作所
  2. 2 白瀬鋼管株式会社
  3. 3 日本高速削孔株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社加福製作所
  2. 2 深江特殊鋼株式会社
  3. 3 日本ビーテーエー株式会社

BTA加工のメーカー7社一覧


関連記事

カテゴリから探す