【2021年版】ネットシート メーカー2社一覧

ネットシートのメーカー2社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ネットシートとは

ネットシートとは、一般的にメッシュタイプやネット型のシートのことを呼んでいます。主に、建設現場や高層ビルや高層マンションや大型ショッピングモールなどの高層建築で、
万が一の落下防止保護用として、広く利用されています。ネットシートメーカーとしては、ニチレイマグネット、マグエバー、マサト―、角一化成、大洋など、多くの素材メーカー
が製造販売していますが、各メーカー毎にネット形状や素材やシートの大きさなど、様々なものが市販されています。

ネットシートの使用用途

ネットシートの使用用途は、主に高い建物における落下防止や安全対策として使われており、従来からあるネットタイプの他、見た目が良いメッシュ型のものも広く使用されています。その他、工事中の養生ネットやゴルフ場などで使用されるグリーンネットや防球ネットと言ったものもあり、更には、防災用や防音用、土木作業安定用、雑草などの防草防根用などにもネットシートは使われていて、まさにその使用範囲は使用環境に応じて様々と言って良いでしょう。

ネットシートの原理

社団法人仮設工業会による足場メッシュシートの認定基準は、メッシュの網地の材料等は合成繊維でかつ難燃性のもの又は防炎加工を施したもの、日本工業規格A8952(建築工事用
シート)に定める防炎性を有するものである必要があります。そしてはとめの材料は、強度、性能に均一性を有し、著しい経年劣化をきたさないもの、また縫込みロープを用いる
ものにあってはこれがナイロン等の合成繊維のものでなければなりません。ネットシートは主に建設現場や高い建物で落下防止や安全対策として利用されていますが、その使用環境によって、選定すべきネットシートも変わります。よって、先ずはどのような環境でどのようなネットシートを使うべきかを考える必要があり、今回は多彩なネットシートの種類について説明していきます。例えば、簡単に安全フックの取り外しが出来るネットハンガータイプ、工事中の景観対策用の養生ネットシート、垂直グリーンネット、塗装工事対応メッシュおよびネットシート、ジョイントロープ付きネットシート、防音対策用ネットシート、防災用ネットシート、透過メッシュ採用のネットシート、光を入れながら防音をさせるネットシート等、まさにその使用環境に応じて、ネットシートも種類は豊富にあり、また使い勝手や素材や条件によっては、専用のネットシートも注文可能です。以上の工事や高所作業用と言った一般的な使用方法の他にも、快適なトイレに対応した物や最新特許製品や仮設工業会が認定したものや地域限定品など、まだまだネットシートも進化し続けています。

参考文献
https://www.nihonsafety.com/by-category/nets-sheets/
https://www.ipros.jp/cg2/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88/

ネットシートのメーカー情報

ネットシートのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 トラスコ中山株式会社
  2. 2 ゼビオプラスト株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ゼビオプラスト株式会社
  2. 2 トラスコ中山株式会社

歴史のある会社

  1. 1 トラスコ中山株式会社
  2. 2 ゼビオプラスト株式会社

ネットシートのメーカー2社一覧


関連記事

カテゴリから探す