株式会社寺岡精工
株式会社エー・アンド・デイ

【2021年版】クレーンスケール メーカー7社一覧

クレーンスケールのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


クレーンスケールとは

クレーンスケール(ホイストスケールとも呼ばれる)は、クレーンのフックにかけて、質量を計測したいときに使用される「吊りはかり」です。

主に、計測したい対象物が長く、台はかりからはみだして乗らないサイズのものや、台はかりの上で転がってしまい計測しにくいものなどをはかるときに使われます。

クレーンスケール本体に軽量表示があるため、質量値がデジタルで表示されるため、すぐに把握することができます。

無線式クレーンスケールの場合、高いところや遠いところで軽量したものを手元の無線指示計で表示でき、パソコンなどにデータを取り込む場合は無線式を選ぶ必要があります。

クレーンスケールの使用用途

クレーンスケールは、台はかりではかるのが難しいもの(長尺のものや、はかり台の上で転がるといった安定しないもの)に対して使用されます。

また作業の効率化として、トラックに積み込みや運搬をしながら計量することができるため作業効率をあげることができます。

製造業などでは、製品を出荷する際に計量し、積荷の重量を同時に計測することで書類の作成がスムーズにおこなわれています。

そのほかにも、養殖業やスクラップなどを行ったあとの金属類などを計量し、金額計算を同時に行うことが可能です。

クレーンスケールの特徴

クレーンスケールは、移動と計量を同時に行える特徴があります。計量測定が終わったら、計量物をひっかけたまま移動することができ、作業の効率があがります。

クレーンスケールの場合、地面が水平でないところや、安定しないようなところでも計量ができるため、計測する場所を選びません。クレーンスケール自体の大きさが台はかりに比べ、小さいため、持ち運びが容易にできます。クレーンスケールの場合、吊るす場所があれば広い場所がなくても使用することができます。

台はかりと比べると揺れるなどの外的な力が加わりやすいため、クレーンスケールの方が精度は落ちる傾向にあります。また、屋外で使用する際は風が吹いていると正しく測れない場合があるため注意が必要です。

そのほかにも、クレーン自体の強度や、天井に吊るす際注意することがあります。天井やクレーンなどの強度が、計量物の重量に耐えれるものがないと、計量物が落下する危険性があるため、必ず使用する際に耐重量を確認しなければなりません。

参考文献
https://hakari-shouten.com/html/wp/column/3144/
https://www.kubota-hakari.net/laboratory_detail.php?id=192

クレーンスケールのメーカー情報

クレーンスケールのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社寺岡精工
  2. 2 株式会社エー・アンド・デイ
  3. 3 株式会社守隨本店

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社メジャー
  2. 2 株式会社ダイトク
  3. 3 株式会社エー・アンド・デイ

歴史のある会社

  1. 1 株式会社寺岡精工
  2. 2 株式会社守隨本店
  3. 3 有限会社八幡計器

クレーンスケールのメーカー7社一覧


関連記事

カテゴリから探す