【2021年版】ニッケルめっき メーカー1社一覧

ニッケルめっきのメーカー1社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ニッケルめっきとは

ニッケルは錆びにくくて化学的にとても安定しているため、めっき用の金属として幅広く使用されています。
ニッケルめっき処理を大まかに分類しますと2種類の方法があります。
電気ニッケルめっきと呼ばれている方法は、電気を利用し酸化反応を起こすことによってめっき処理を施しています。
また、薬品を利用し化学反応を起こすことででめっき処理を施す、無電解ニッケルめっきと呼ばれるものもあります。

電気ニッケルめっきの歴史は、1830年代に世界で初めて開発されました。
日本では1892年に初めてニッケルめっきが行われたと言われています。
初期の電気ニッケルめっきには表面に光沢がなく、めっき処理後に研磨をして表面に光沢を出していました。

ニッケルめっきの使用用途

電気ニッケルめっきは、アート性のあるものから電気部品など幅広い分野のめっき処理に使用されています。
この電気ニッケルめっきの中でも更に種類が分かれていて、光沢ニッケル、半光沢ニッケル、無光沢ニッケルの3種類に分かれています。

代表的な光沢ニッケルの使用用途としては、家庭用コンセントやコネクターなどがあります。
半光沢ニッケルは、はんだ付けや溶接用途として使用されています。

ニッケルめっきの原理

電気ニッケルめっきは、被めっき物(めっきを施す材料)とめっき金属を溶液の中に浸して
そこに電気を通すことによって酸化反応を起こします。
すると溶液中でめっき金属が溶け出し、それが被めっき物に皮膜していき表面処理を行う方法です。

無電解ニッケルめっきの原理は、被めっき物を溶液の中に浸した状態にします。
溶液の中には金属塩と還元剤が入っており、この2種類の薬品の化学反応によって金属皮膜が析出されます。

もう少し分かりやすく説明しますと、溶液の中に電気を流してめっき金属を電気分解させ化学反応を起こすことにより
めっきを行う方法が、電気ニッケルめっきと呼ばれている方法です。

溶液の中に2種類の薬品を入れその化学反応で金属皮膜を析出させて、被めっき物に表面処理を行う方法のことを
無電解ニッケルめっきと呼んでいます。

参考文献
https://www.sun-kk.co.jp/room/function/nickel-type.php
https://www.sanko-seisaku.co.jp/mekki-kakou/total_support/plating/index.html
https://www.sanwa-p.co.jp/mekki/nickel/
https://www.jstage.jst.go.jp/article/sfj1989/42/11/42_11_1058/_pdf

ニッケルめっきのメーカー情報

ニッケルめっきのメーカーランキング

社員数の規模

設立年の新しい会社

  1. 1 directindustry

歴史のある会社

  1. 1 directindustry

ニッケルめっきのメーカー1社一覧


関連記事

カテゴリから探す