産業用製品比較のメトリー
メトリー

【2020年版】タングステン メーカー9社一覧

タングステンのメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


タングステンとは

タングステン(元素記号: W)は、原子番号74の遷移金属元素です。銀白色で、非常に硬くて重い性質があります。天然では、鉄重石、マンガン重石、灰重石、鉄マンガン重石など、他の金属と結合した鉱石で産出します。 タングステンは金属の中で最も融点が高く、熱膨張率が小さいので、高温下でも形状を維持して使用することができます。また電気抵抗性にも優れているので、炉のヒーターなどに使用されます。高い硬度を有しており、炭素などと結びつくことでさらに硬度が増すので、鉄鋼の添加剤や切削工具に用いられています。

タングステンの使用用途

タングステンは金属の中で最も融点が高く、比較的大きな電気抵抗を持っています。これらの性質を利用して、自動車、医療、半導体、工具、家電、照明など様々な分野で活躍しています。例えば、タングステン線やタングステン棒に加工され、電球のフィラメント、放電線、放電ランプ電極などの用途に使われています。

タングステンカーバイドはタングステンと炭素の化合物で、超硬合金の主成分です。非常に硬い合金として有名で、高温でも硬さを維持でき、強度も強いので、切削工具や研磨工具に使用されています。コバルトなどの金属と合わせて、性能を上げた超硬合金も開発されています。

タングステンの原理

タングステン(元素記号: W)は、原子番号74の遷移金属元素の1つです。金属の中では最も高い融点を持っていること、熱膨張率が小さいことが特長で、るつぼや炉など高温環境下で使用される材料の主成分として使用されています。また、電気伝導性や熱伝導性にも優れており、電気、電子分野の製品にも応用されています。コバルト、クロム、タングステン、鉄、炭素からなるKS鋼という合金は高性能の永久磁石としての性質を有しています。

天然では、鉄重石(英語: ferberite、化学式: FeWO4)、マンガン重石(英語: hubnerite、化学式: MnWO4)、灰重石(英語: scheelite、 化学式: CaWO4)、鉄マンガン重石(英語: wolframite、化学式: (Fe、Mn)WO4)など、他の金属と結合した鉱石で産出します。原料としては、特に灰重石と鉄マンガン重石が重要な鉱石とされています。

参考文献
https://www.allied-material.co.jp/techinfo/tungsten/features.html
https://www.allied-material.co.jp/techinfo/tungsten/use.html
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspm1947/2/1/2_1_109/_article/-char/ja
https://www.nirs.qst.go.jp/db/anzendb/NORMDB/PDF/40.pdf

タングステンのメーカー情報

タングステンのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 巴工業株式会社
  2. 2 東芝マテリアル株式会社
  3. 3 東邦金属株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 東芝マテリアル株式会社
  2. 2 ケーワイシー株式会社
  3. 3 株式会社大東工業

歴史のある会社

  1. 1 巴工業株式会社
  2. 2 光文工業株式会社
  3. 3 東邦金属株式会社

タングステンのメーカー9社一覧


関連記事

カテゴリから探す