【2021年版】ガラス管ヒューズ メーカー0社一覧

ガラス管ヒューズのメーカー0社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ガラス管ヒューズとは

ガラス管ヒューズとは、ヒューズの定格以上の電流が流れて、電気回路の破壊を防止する
保護機能が有り、電流が流れ続けて起こる電気回路部品の発煙発火や加熱などの事故を未
然に防止することを目的とした電気回路保護用安全部品です。ヒューズ定格以上の電流が
回路に流れると、ジュール熱による影響で、ガラス管の中に棒状で格納されている合金部
品が溶断し、回路を保護します。ガラス管ヒューズの種類には、普通溶断タイプや消弧剤
を封印したガラス飛散防止品や、超ミニサイズ品など多種多様な品種があります。主たる
材質としては、ガラス管はPCガラス、口金部分はニッケルをメッキ加工した銅が使われ、
エレメント部分には亜鉛が使われているガラス管ヒューズが大半です。

ガラス管ヒューズの使用用途

ガラス管ヒューズを使用する際の注意点としては、それを取り付けるヒューズの容量は、
取り付ける電装品の電流容量以上で、使われる配線の最大容量以下のものを選定すること
が重要不可欠です。また、ヒューズ管は中が見えるものがあるので、ヒューズの線が切れ
ているかが目で見て分かると言う利便性があります。その他、銅のツメが付いたものや
平型形状のミニサイズなど、ガラス管ヒューズは用途によって使い分けが必要になります。

ガラス管ヒューズの原理

ガラス管ヒューズは、ガラス管と言う形状の特徴を除けば、他の一般的なヒューズ同様、
主として電気回路保護を目的として回路に使用されており、異常時の大電流やサージに
よる発熱(電流ヒューズ)または周囲の温度によって切れるヒューズにて、ヒューズ自体
が溶断して回路をカットします。

通常、低い融点の金属を使い、そこにヒューズの定格以上の電流が流れ、溶断特性に応じた
過大な電流に到達すると、そのガラス管ヒューズの中にあるエレメントと呼ばれる金属線
の抵抗でジュール熱が発生し、それが大きくなり放熱をオーバーし、その金属の温度は
上昇し、軟化から溶融に移行して異常な電流に達するとを回路を遮断し保護します。
また、ガラス管ヒューズは使用用途に適した特性のヒューズ選定が必要になり、
エレメントのジュール熱を利用して、放熱および熱容量を変化させて、ユーザーの意図した
ヒューズ溶断特性を得ることができます。低い融点の金属を使用して、周囲の温度が、
その金属の融点に到達し溶断して回路を保護する温度ヒューズ等もあります。

参考文献
https://jp.misumi-ec.com/vona2/el_control/E1200000000/E1203000000/E1203010000/?CategorySpec=00000040849%3A%3Aa
https://www.daitotusin.co.jp/case/2017/11/14/3

ガラス管ヒューズのメーカー情報

ガラス管ヒューズのメーカーランキング

社員数の規模

設立年の新しい会社

歴史のある会社

ガラス管ヒューズのメーカー0社一覧


関連記事

カテゴリから探す