株式会社セムコーポレーション

【2021年版】ドラム缶用ポンプ メーカー6社一覧

ドラム缶用ポンプのメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ドラム缶用ポンプとは

家庭用の灯油はポリタンクに保存されますが、このポリタンクに入った灯油を小分けする際に小型のポンプが用いられます。この場合は充電式の電動ポンプ及び手動式ポンプの両方ありますが、ポリタンクのサイズに合わせて小型に設計されています。

ドラム缶に保存されている灯油等を小分けする際にはドラム缶用ポンプが使用されますが、このドラム缶用ポンプはドラム缶のサイズに合わせて大型のポンプとなっており、汲み上げる液量もポリタンク用などの小型ポンプに比べて多くなっています。

ドラム缶用ポンプの使用用途

ドラム缶用ポンプはドラム缶に入っている液体をドラム缶から取り出すために使用します。

ドラム缶に保存される液体は様々であり、灯油を始めとして殺虫剤や洗浄液、潤滑油、エンジンオイルなどがあります。ドラム缶用ポンプはこれらの液体を取り出すのですが、取り出す液体の粘度によりポンプでは汲み上げられない場合があります。粘度が高い、つまりべた付く液体は吸い上げにくくなり、過負荷がかかってポンプが故障する恐れもありますので、一般的にドラム缶用ポンプは粘度の低い液体のみ使用できます。

ドラム缶用ポンプの原理

手動式と電動式のポンプには両者にメリットとデメリットがあります。手動式のメリットは電源や充電が必要なく自分の手を動力にして汲み上げることができることですが、汲み上げる量が多いと手が疲れてしまいます。一方の電動式は電気の力で汲み上げますので自動的に処理が行われますが、電源や充電が必要になります。

手動式のドラム缶用ポンプはハンドルをクルクルと手で回すことで汲み上げ可能ですので、プッシュして汲み上げる加圧式よりも使用が楽になっています。

ドラム缶用ポンプにはメインとなるポンプ部に二本のホースが接続されています。一本のホースは硬く真っすぐでドラム缶中の液体に漬けます。もう一本のホースはポンプによってドラム缶中から汲み上げられた液体が出てくるホースで扱いやすいようにフレキシブルになっています。ドラム缶用ポンプは大型ですので保管しやすいように分解し、必要な時に組み立てて使用することができるタイプもあります。

一般的にドラム缶用ポンプは大型ですので、ポリタンク用のポンプとしては使用できません。

参考文献
https://iecolle.com/P00OCWKOWV/

ドラム缶用ポンプのメーカー情報

ドラム缶用ポンプのメーカー6社一覧


ドラム缶用ポンプのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社工進
  2. 2 株式会社南出キカイ
  3. 3 株式会社セムコーポレーション

設立年の新しい会社

  1. 1 アクアシステム株式会社
  2. 2 株式会社セムコーポレーション
  3. 3 サニー・トレーディング株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社工進
  2. 2 三宅化学株式会社
  3. 3 サニー・トレーディング株式会社

関連記事

カテゴリから探す