【2021年版】循環ポンプ メーカー11社一覧

循環ポンプのメーカー11社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


循環ポンプとは

循環ポンプとは、流体、液体を加圧することで水流を作り出し送水するモーターポンプの総称です。水槽や貯水タンクの貯蔵水(液)を第二水槽やろ過装置に送出し、回収(再還流)するのもまた循環ポンプの役目となります。

規模の小さなものでは家庭の熱帯魚水槽のろ過装置内にみられ、大きな規模では水道局の管理する取水場での浄水槽まで規模も様式も多彩です。多種多様に循環ポンプは都市生活に欠かせない動力機械です。

循環ポンプの使用用途

主な使用用途は、プールの貯水ろ過装置と送水管の間に設置する用途、鉱水泉の湧出する深井戸から浴槽までの送水に動力を提供する、また浴槽からろ過漕まで再還流を作り出す為に組み込まれます。

簡易な形状では動力付きイジェクターも役割的には類似しています。ほか、養殖水槽の、上水ろ過システムの循環動力、面白い使用例はお茶小売り店頭で、急須からお茶が流れる立体ディスプレイです。
医療業界では体外式循環ポンプ、補助人工心臓、透析ろ過装置で主に使用されます。

循環ポンプの原理

建造物では高層ビルには加圧式の循環ポンプは欠かせません。水道管より引き込んだ導管から貯水タンク(又は開放式タンク)に貯水した水を、電気ポンプを駆動し地表管に送り出します。俗に容積型循環ポンプと呼称されます。

又10階以上の建築物では一度に上階まで送水することが困難であるため、中階にて更に屋内の循環ポンプにて水流を復帰させ上階へ中継されます。

家庭向けでは、追い焚き機能浴槽や温水床暖房の再還流補助ポンプとして広告等で目にする機会が多いでしょう。基本的にタンクを持たないのが強制循環式ポンプ、ボイラー式循環ポンプの大きな特徴です。

工場では高温排水を冷却タンクに回収後、再び還流させる為に、通るドレン管中に組み込まれます。タンクが高位置煮ある場合、放水が多岐のドレン管からイジェクターを介し集水されながら冷却貯水タンクまで流れます。その水流を更に下水排水槽まで還流させるためタービンを回し水勢を増幅します。これも補助循環ポンプの役目です。

医療分野では、点滴と併用されるシリンジポンプ、ダイアライザーなどは強制型ポンプという種別に属します。

参考文献
https://04510.jp/times/articles/-/216?page=1

循環ポンプのメーカー情報

循環ポンプのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社荏原製作所
  2. 2 株式会社酉島製作所
  3. 3 テラル株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ワールドケミカル
  2. 2 テラル多久株式会社
  3. 3 三相電機株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社荏原製作所
  2. 2 テラル株式会社
  3. 3 株式会社酉島製作所

循環ポンプのメーカー11社一覧


関連記事

カテゴリから探す