音羽電機工業株式会社
渡辺電機工業株式会社
株式会社サンコーシヤ
三菱電機株式会社

【2021年版】アレスタ メーカー6社一覧

アレスタのメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


アレスタとは

アレスタ

アレスタとは、雷などによる機器の損傷を防ぐための避雷器の一つです。雷が直撃するとその周辺には大きな電流と電圧が爆発的に発生します。これらは雷サージと呼ばれ、電気機器に様々な悪影響を及ぼしてしまいます。機器の故障に繋がることはもちろん、電線などを通して他の電気機器に侵入したり電気設備に大きな悪影響を与えることもあります。アレスタはこの雷サージを放電させ、電気機器を絶縁することで雷から守っているのです。

アレスタの使用用途

アレスタは雷によって発生する雷サージから様々な電気機器を守るために使用されます。雷は非常に大きな電流と電圧を発生させ、電気機器に大きな影響を与えます。突如現れた異常電圧によって負荷が壊れて故障してしまうこともあるでしょう。万が一の故障の心配がある電気機器にはアレスタの設置が必要になります。例えば、屋外の電気施設です。落雷の影響を受ける可能性が高く、アレスタによって保護しなければなりません。また、送電線や電話線なども落雷によって悪影響を与えられる恐れがあるためアレスタが設置されます。

アレスタの原理

アレスタは雷サージを放電させて電気機器を守っていますが、放電方法によって二つの種類に分けられます。それは放電させるためのギャップがある場合と無い場合です。ここでは、二種類のアレスタについて原理や特徴をご紹介します。

  • ギャップ付きアレスタ
    ギャップが存在する避雷器のことです。通常はギャップの性質で絶縁されていますが、雷などの異常な高電圧がかかるとギャップの絶縁が破壊されて大地に電流を放電します。しかし、一度放電してしまうと電流を流し続けてしまうため、放電を遮断する仕組みが必要です。また、変化の激しい電圧変化では機器の保護が不十分であるという点がデメリットです。
  • ギャップレスアレスタ
    ギャップが存在しない避雷器のことです。ギャップを利用しない代わりに酸化亜鉛などの素子が用いられます。放電耐量が非常に大きいのが特徴的で、大地に電流を流す必要がありません。現在はこちらのアレスタが主に利用されています。

参考文献
https://www.otowadenki.co.jp/basic2/
https://electric-facilities.jp/denki8/la.html

アレスタのメーカー情報

アレスタのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 三菱電機株式会社
  2. 2 株式会社サンコーシヤ
  3. 3 音羽電機工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社コンド電機
  2. 2 音羽電機工業株式会社
  3. 3 株式会社美貴本

歴史のある会社

  1. 1 三菱電機株式会社
  2. 2 株式会社サンコーシヤ
  3. 3 渡辺電機工業株式会社

アレスタのメーカー6社一覧


関連記事

カテゴリから探す