【2021年版】絶縁シート5選 / メーカー6社一覧

絶縁シートのメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


絶縁シートとは

絶縁シートとは物質Aと物質B間の影響しあう要素を遮断、隔絶する目的で用いられるシート全般を差します。小さな電磁コイルを取り巻く樹脂シートから、校舎の屋上防水下地に使われる施工シートまでジャンルは多岐にわたります。

単純に両者が混じり合わないように隔てるだけのものであればポリフィルム1枚でも絶縁シートと呼べますが、工業や機器、建築建材としての絶縁シートを指すのであれば、撥水性の高い防水ウレタンシートであったり、電気を隔てるのであれば樹脂製ラバーシート等を差して言うことになります。

絶縁シートの使用用途

使用用途として建築界隈では、陸屋根、ルーフーバルコニー(張り出しベランダ)などの防水撥水処理の下地シートに用いられています。素材はウレタンシートなど硬化樹脂系統が多いようです。

電磁健康器具、電器治療機の下敷きとして「絶縁マット」という呼称で市販されているものは、表面はカーペットやラグ素材、裏地には、生地ゴムや硬化ポリウレタンなど、電気抵抗のある絶縁素材を張り合わせて作られた足置きマットのようなものです。

絶縁シートの原理

絶縁シートを日常でよく目にするのは、家電製品や電池を使用する電器小物や玩具などです。製品にお試し用電池が予め付属している場合、電極板と電池のあいだに挟まっているシートがそれに当たります。

半透明のポリエステル様フィルムで隔てることで通電を遮断し電池の消耗を押さえています。

健康治療器具に用いられている絶縁シートは、治療機器から人体に向けて投射される電流が床に放電されないようにするために治療椅子の下に敷かれています。

足下に電気が逃げないため、人体に帯電し低周波の磁場を作り出します。微量1200hz程度の電流が体内を巡ることで筋肉のこわばりや、神経痛、肩凝りなどが緩和するとされています。

因みに、絶縁シートの外に出てしまうと、下敷きで引っ張られていた髪の毛が一瞬で離れてしまいます。電流測定器の振れも止まってしまいます。

では、シートに座っているときに水を飲んだらどうなるのか?ビリッと感電するのではないだろうかと思いがちですが、電撃を喰らうことはありません。水分は普通に補給できますので心配はご無用です。

耐熱絶縁シートの特徴

電子機器は、時代が進むにつれ小型化、高出力化されています。同時に、ノイズの発生や発熱量を抑えることが課題です。求められる絶縁シートは高い絶縁性と熱伝導性をもつ必要があります。

ポリイミドエポキシ樹脂を使用することで、耐熱絶縁シートが実現可能です。耐熱性は、高温域耐性に優れています。主に、パワーデバイスやLEDモジュールなど、発熱量が大きい電子部品の放熱用部材として使用されます。

高い熱硬化性のポリイミドエポキシ樹脂に、伝熱性に優れた無機フィラーを混合しています。これにより、高い熱伝導性を生み出しています。また、密着性が高いことから、粘着剤、接着剤としても使用可能です。

絶縁破壊強度は、70kV/mm(AC)とされており、熱伝導率は、3.5W/mKです。これは、従来のものと比べても高い絶縁性と熱伝導率を表します。

ポリイミドエポキシ樹脂と無機フィラーを混合することで、優れた耐熱絶縁シートが開発されました。この絶縁シートを使用することで、電子部品からのノイズの発生や発熱を抑えられます。

絶縁テープの代用品

絶縁テープは、各家庭にあるとは限りません。電子工作やDIYをしない家庭では、絶縁テープをもっているのは少人数です。しかし、各家庭にあるもので、絶縁テープの代用品になるものがあります。

それが、ラップやビニールです。絶縁するものでいえば、電池が該当します。電池は、乾電池を始め、リチウムイオン電池であるバッテリーや家庭用蓄電池と、あらゆるものがあります。

近年では、電池からの発火事故が急増しています。原因は、電池のプラス端子とマイナス端子が導体でつながれることで起こるショートです。これは保管時だけでなく、廃棄時にも、位置が悪いと起こります。安全であるためには、電池を絶縁する必要があります。

ラップやビニールはポリオレフィン系の樹脂で、絶縁性をもちます。これを電池に巻きつけることで、簡単に絶縁できます。また、保管したい場合には、ポリプロピレン系の樹脂を使用した容器がおすすめです。

重大な事故が起こらないためにも、保管時の電池の取り扱いは大切です。特に、絶縁する工程を忘れないようにしましょう。絶縁テープがない家庭でも、ラップやビニールが代用品となります。 

参考文献
https://www.jpmarkets.net/sell/show-9111922.html
https://www.tomoegawa.co.jp/product/icas/kr.html
https://kenkou888.com/category18/wrap.html
https://kenkou888.com/category18/電池の短絡_対策.html

絶縁シートのメーカー情報

絶縁シートのメーカー6社一覧


絶縁シートのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ヨツギ株式会社
  2. 2 ニッカン工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ワイドワーク
  2. 2 国栄通商株式会社
  3. 3 日栄新化株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ヨツギ株式会社
  2. 2 ニッカン工業株式会社
  3. 3 株式会社岡部マイカ工業所

絶縁シート5選

絶縁シート

株式会社岡部マイカ工業所 絶縁シート 画像出典: 株式会社岡部マイカ工業所公式サイト

特徴

集成マイカをシリコーン接着剤で一体化し、耐熱性、耐水性や電気絶縁性に優れる絶縁シートです。

各種電熱器具、ヒータエレメントや抵抗器、コイル層間など、様々な部品の耐熱絶縁部品として活用でき、家電部品からFA部品まで幅広い用途で使用されています。

打ち抜き加工やカーリング加工など、二次加工にも対応しているので、欲しい形状のシートを簡単に入手できるのも特徴です。

『UL94 V-0』『UL746B』なども取得しており、難燃性や耐久性も十分です。

株式会社岡部マイカ工業所の会社概要

製品を見る

マイカ絶縁シート

株式会社ワイドワーク マイカ絶縁シート 画像出典: 株式会社ワイドワーク公式サイト

特徴

電子部品、基板用として使用できるフレキシブルマイカ絶縁シートです。

集成マイカをシリコーン接着剤で一体化した絶縁シートで、難燃性『UL94 V-0』『UL94-5VA』を取得しているため、優れた断熱性をもち、延焼防止シートとしても使用することができます。

常温で柔らかいため、変形させて様々な所に使用でき、またハサミやカッターで簡単に切断できる加工のしやすさも特徴です。

一般的な両面テープで張り付けて固定し、使用することが可能です。

株式会社ワイドワークの会社概要

製品を見る

電器絶縁用粘着シート

日栄新化株式会社

特徴

ポリエステル(PET)フィルムのベース基材に、アクリル系の粘着剤が付いた絶縁用粘着シートです。

PETフィルムの厚みは12μm~250μm(総厚28μm~278μm)の間で17種類の厚みの中から選ぶことができ、それぞれ6kV~23kVまでの電圧を絶縁することが可能です。

フィルムの薄さが特徴で、隙間がほぼない微細電子機器のスペーサーなどでも活用することができます。

透明なので視認性を阻害しないのも特徴です。

日栄新化株式会社の会社概要

製品を見る

難燃性絶縁シートFORMEX™GS

国栄通商株式会社 難燃性絶縁シートFORMEX™GS 画像出典: 国栄通商株式会社公式サイト

特徴

ITW Formexの正規代理店、国栄通商株式会社が販売している難燃性絶縁シートです。

FORMEX™GSシリーズはポリプロピレンが素材で、絶縁耐力1,683volts/milの性能を持ち、さらにESD(静電気)保護の機能も保有しています。

温度定格は115℃で、『UL94 VTM-0』を取得しているため難燃性もあります。

また、吸湿性の低さも特徴です。

複雑な形状でもプレスで成形することができるため、様々な部品の絶縁に使用できます。

国栄通商株式会社の会社概要

製品を見る

低圧ビニールシート

ヨツギ株式会社 低圧ビニールシート 画像出典: ヨツギ株式会社公式サイト

特徴

"交流電源600V、直流電源750Vまでの低圧電源を絶縁する材料として使用できる低圧ビニールシートです。

低圧電源の活線作業や活線近接作業時に、充電部の保護用として使用することができます。

軟質素材を使用していて、耐貫通性や柔軟性が高く、使いやすく安全性が高いのが特徴です。固定クリップで簡単に保持することができます。

透明のビニールシートもあり、いつでも充電部を視認できるため、安全確認をしながら作業を行うことが可能です。"

ヨツギ株式会社の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す