【2021年版】絶縁シート メーカー6社一覧

絶縁シートのメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


絶縁シートとは

絶縁シートとは物質Aと物質B間の影響しあう要素を遮断、隔絶する目的で用いられるシート全般を差します。小さな電磁コイルを取り巻く樹脂シートから、校舎の屋上防水下地に使われる施工シートまでジャンルは多岐にわたります。

単純に両者が混じり合わないように隔てるだけのものであればポリフィルム1枚でも絶縁シートと呼べますが、工業や機器、建築建材としての絶縁シートを指すのであれば、撥水性の高い防水ウレタンシートであったり、電気を隔てるのであれば樹脂製ラバーシート等を差して言うことになります。

絶縁シートの使用用途

使用用途として建築界隈では、陸屋根、ルーフーバルコニー(張り出しベランダ)などの防水撥水処理の下地シートに用いられています。素材はウレタンシートなど硬化樹脂系統が多いようです。

電磁健康器具、電器治療機の下敷きとして「絶縁マット」という呼称で市販されているものは、表面はカーペットやラグ素材、裏地には、生地ゴムや硬化ポリウレタンなど、電気抵抗のある絶縁素材を張り合わせて作られた足置きマットのようなものです。

絶縁シートの原理

絶縁シートを日常でよく目にするのは、家電製品や電池を使用する電器小物や玩具などです。製品にお試し用電池が予め付属している場合、電極板と電池のあいだに挟まっているシートがそれに当たります。

半透明のポリエステル様フィルムで隔てることで通電を遮断し電池の消耗を押さえています。

健康治療器具に用いられている絶縁シートは、治療機器から人体に向けて投射される電流が床に放電されないようにするために治療椅子の下に敷かれています。

足下に電気が逃げないため、人体に帯電し低周波の磁場を作り出します。微量1200hz程度の電流が体内を巡ることで筋肉のこわばりや、神経痛、肩凝りなどが緩和するとされています。

因みに、絶縁シートの外に出てしまうと、下敷きで引っ張られていた髪の毛が一瞬で離れてしまいます。電流測定器の振れも止まってしまいます。

では、シートに座っているときに水を飲んだらどうなるのか?ビリッと感電するのではないだろうかと思いがちですが、電撃を喰らうことはありません。水分は普通に補給できますので心配はご無用です。

参考文献
https://www.jpmarkets.net/sell/show-9111922.html

絶縁シートのメーカー情報

絶縁シートのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ヨツギ株式会社
  2. 2 ニッカン工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社ワイドワーク
  2. 2 国栄通商株式会社
  3. 3 日栄新化株式会社

歴史のある会社

  1. 1 ヨツギ株式会社
  2. 2 ニッカン工業株式会社
  3. 3 株式会社岡部マイカ工業所

絶縁シートのメーカー6社一覧


関連記事

カテゴリから探す