産業用製品比較のメトリー
メトリー
岡谷電機産業株式会社
共立電子産業株式会社

【2020年版】スパークキラー メーカー5社・21製品一覧

スパークキラーのメーカー5社・21製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


スパークキラーとは

スパークキラーは、スイッチなどで電位差があり、接していない2点間において、空気中に電気が流れて、火花などが発生する現象であるスパークを抑制する装置です。スパークが生じた場合、回路内にある半導体素子やトランジスタがダメージを負う可能性があるので、特に直流電流の回路で、スイッチを使用する場合はスパークキラーなど、スパークに対する備えを回路内で行う必要があります。

スパークキラーの使用用途

スパークキラーは、直流電流で動作する電気機器で幅広く使用されています。特に直流電流を電源として使用する場合は、スイッチ周辺でスパークの可能性があるので、スパークキラーの設置を検討することをおすすめします。スパークキラーは、定格の電圧や抵抗値、静電容量、使用適正温度などが正確に決められているので、それらを考慮して適切に選定する必要があります。使用環境下の電圧にスパークキラーが耐えられなければ、事故の原因になるので、注意が必要です。

スパークキラーの原理

スパークキラーは、直列でつながっている抵抗とフィルムコンデンサで構成されています。電源とスイッチ、抵抗で構成されている回路において、基本的なスパークキラーの回路の設置方法としては、スイッチと並列になるように配置するか、抵抗と並列になるように配置するかの2種類になります。

スイッチと並列になるように配置する場合、スイッチOFF時は、回路はスパークキラーを通じでつながっており、スイッチ部で大きな電位差が生じないようになります。抵抗と並列になるように配列する場合、スイッチOFF時にスイッチ片側が高電圧となり、スパークが発生しやすくなります。そのため、スパークキラーによって、高電圧になることを防げるので、スパークが起こりにくくなります。

使用するフィルムコンデンサは、使用時に電圧が高くなり過ぎないように、十分余裕も持った静電容量の大きさを選択する必要があります。抵抗については、サージに対する耐性が十分にある抵抗器を選択する必要があります。

参考文献
https://www.dempa.co.jp/productnews/trend/h091105/h1105.html
https://www.okayaelec.co.jp/media/2017/03/08/7
https://www.okayaelec.co.jp/media/2017/03/08/8

スパークキラーのメーカー情報

スパークキラーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 岡谷電機産業株式会社
  2. 2 日通工エレクトロニクス株式会社
  3. 3 日伸制御器工株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 日通工エレクトロニクス株式会社
  2. 2 共立電子産業株式会社
  3. 3 日伸制御器工株式会社

歴史のある会社

  1. 1 岡谷電機産業株式会社
  2. 2 海神無線株式会社
  3. 3 日伸制御器工株式会社

スパークキラーのメーカー5社一覧


スパークキラーの21製品一覧

スパークキラーのオンライン購入


ミスミでチェック

スパークキラーのレンタル


ヤフオクでチェック

スパークキラーの中古品


合資会社オーディオウインズでチェック

カテゴリから探す


センサー


試験機


モーター


ポンプ


リレー


検査装置


アナライザ


ダイオード


測定機器


観察機器


プリンター


コンデンサ


スイッチ


ロボット


カメラ


コネクタ


メーター・計測機器


ジェネレータ・発生器