篠原電機株式会社
泰和電気工業株式会社
株式会社ノイズ研究所
株式会社カメダデンキ

【2021年版】絶縁支持台 メーカー5社一覧

絶縁支持台のメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


絶縁支持台とは

絶縁支持台は電気を使用する機器の絶縁性を確保するために使用する台です。

台と言ってもテーブルではなく正確にはテーブルの脚の下に装着するパーツです。電気を使用する機器は漏電を起こすと事故になりますが、この時床がグレーチングなど金属で出来ていると電気は床を伝って流れてしまい、他の機器類に影響を与えて最悪の場合は機器の破損のみならず火災や感電事故につながってしまいます。

このような事故を避けるために絶縁支持台が使用されます。

絶縁支持台の使用用途

絶縁支持台は絶縁が必要であるバスバーの支持や制御盤及び分電盤、整流器盤のなどの機器を取り付ける絶縁台などに使用され、絶縁をサポートしています。

絶縁台は壁に固定されているものはともかく、地面に設置する場合には絶縁台の下部に絶縁支持台を取り付けることで地面から少し浮かせて設置した方が安全性は高くなります。

一方で、絶縁支持台はその性質上雨などで濡れてしまう恐れがある野外で露出した状態では使用できません。

絶縁支持台の原理

産業界においては無くそうと努力しても残念ながら事故は起こってしまいますが、その中でも感電事故は起こりやすい事故であると言えます。もちろん使用者の不注意により起こる場合もありますが、設計ミスや安全設備の不備などにより稀に起こってしまいます。電気の事故は感電のみではなく火災が起こることもありますし、短絡等で他の機器に高電圧がかかってしまい破損してしまうなど、損害が大きくなる場合もあります。ですので、電気を使用する際には安全に対して細心の注意を払う必要があります。この事故防止の観点からも絶縁支持台の設置は安全を担保するための重要な器具であると言えます。

絶縁支持台はポリプロピレンなど絶縁性が高い素材で出来ていますので、高い絶縁効果が得られます。そしてネジで締め付けるだけで取り付けられますのでネジ穴を開けるだけで使用が出来るようになり、使いやすくなっています。また、絶縁支持台同士をつなぎ合わせることもできますので、高さ調節もできます。

参考文献
https://denzai39.com/products/detail.php?product_id=6934

絶縁支持台の性能比較

各種絶縁支持台の値をグラフにプロットし、表にしました。ベータ版機能のため一部製品のみの表示となっております。

絶縁支持台の性能比較表

横にスクロールすると表の全体をご覧頂けます。

製品名 一覧 TBL-3S TBL-5L BSP-70 RBS-80
長辺長さ[cm] 120 11.6 19 7 8 6 6
最大高さ[cm] 10 5 7.5 2.4 2.4 5 15
会社名 フューテックス株式会社 泰和電気工業株式会社 泰和電気工業株式会社 篠原電機株式会社 篠原電機株式会社

絶縁支持台のメーカー情報

絶縁支持台のメーカー5社一覧


絶縁支持台のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 篠原電機株式会社
  2. 2 株式会社ノイズ研究所
  3. 3 泰和電気工業株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社東京富士商会
  2. 2 株式会社ノイズ研究所
  3. 3 篠原電機株式会社

歴史のある会社

  1. 1 泰和電気工業株式会社
  2. 2 株式会社カメダデンキ
  3. 3 篠原電機株式会社

関連記事

カテゴリから探す